AERAが「故人がどう生きたかを振り返る葬儀」として紹介

AERA(2017年8月5日号)

クリックで拡大します

「葬儀は単なる儀式ではない」

『AERA』(朝日新聞出版)の2017年8月5日号で、むすびす(旧アーバンフューネス)がお手伝いした葬儀が紹介されました。

「古い葬式よ さようなら」と題した特集では、新しい葬式のかたちをテーマに、小型ロケットに遺灰を乗せて打ち上げる「宇宙葬」や、僧侶をアマゾンで手配するサービスとともに、弊社の葬儀が取り上げられました。

記事では、結婚式のように、お金をかけるところ、かけないところを家族の考えによって選ぶことができる、お客様本位の葬儀だとし、その結果が年間の葬儀件数2500件に表れていると評価しています。

特集では、取材に対応した弊社の葬祭営業本部長のコメントも掲載。葬儀をどのような場にするか、お客様と決めることを大前提とした上で、「単なる儀式ではなく、故人がどう生きたかを振り返る。そこに意味を持たせたい」という、弊社の葬儀をお手伝いする姿勢も紹介されました。

※2017年にお葬式のむすびす(旧アーバンフューネス)でご葬儀された方へのアンケートにおいて、97.3%の方に満足しているとご回答いただきました。
※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。

▲ ページの先頭へ

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

トップに戻る

LINE登録で式場・火葬場の空き状況や予約ができる