子どもたちが明るい未来を描けるようにサポートしたい

アーバンフューネス代表・中川が「ワンコイン500円 想いのしずく」プロジェクトの寄付先となる、NPO法人キッズドア 渡辺理事長にインタビューを受けました。

インタビューの中で中川は、お葬式の仕事を通じて、社会のコミュニティづくりや高齢化社会での不安ごとを解消するお手伝い、生きることへのメッセージを伝えるなどの社会貢献への取り組みや、日本の子どもの貧困問題に取り組む想いを語りました。

想いのしずくプロジェクトのホームーページに、中川のインタビューが掲載されています。