終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 野際陽子さんの終活とは? 葬儀は家族葬だった? お別れ会はいつ?

野際陽子さんの終活とは? 葬儀は家族葬だった? お別れ会はいつ?

share:

訃報 野際陽子さん

昭和を代表する大女優・野際陽子さんが2017年6月13日、肺腺がんで逝去されました。81歳でした。

野際さんは立教大学を卒業後、1958年にアナウンサーとしてNHKに入局しました。1962年に退局してフリーアナウンサーとなった後、『赤いダイヤ』で女優としてデビュー。『鬼平犯科帳』や『浅見光彦』シリーズなど数々の作品に出演し、2007年には橋田賞を受賞しました。

また、野際陽子さんは、『キイハンター』に出演したのがきっかけとなり、1973年にアクション俳優の千葉真一さんと結婚しています。

2014年に肺がんを患った野際陽子さん。早期発見ということもあり手術は成功したものの、2015年4月に再発。退院時には、酸素吸入器を携行していたほどの容態だったそうです。

野際陽子さんの最後の出演作となったのは、2017年に制作されているテレビ朝日のドラマ『やすらぎの郷』です。撮影中は弱音を吐くことがなく、最後の撮影では、鼻にチューブを付けて現場入りし、看護師が見守る中、完璧な演技を見せたそうです。野際さんの女優魂を感じさせるエピソードです。


野際陽子さんが終活として、所属事務所のスタッフを移籍

芸能事務所の関係者によると、2016年の秋ごろから野際陽子さんの所属事務所の社長が、所属タレントの移籍を進めていたそうです。野際さんが仕事をできなくなると、事務所を閉めざるを得ないという理由からです。

野際さんの娘の真瀬樹里さんが、大手芸能事務所・レプロエンタテインメントに移籍するなど、野際さんの事務所のホームページには、次々と移籍の情報がアップされました。

事務所の所属タレントを移籍させることは、野際陽子さんにとってひとつの終活だったのかもしれません。


野際陽子さんの共演者から、続々と追悼のコメント

俳優の佐野史郎さんは6月15日、ブログで野際さんへの思いをつづっています。野際さんと佐野さんは、1992年にTBSテレビで放送されたドラマ『ずっとあなたが好きだった』で共演した仲です。

「野際さん…ていうか、野際ママ。第二のお母さん。四半世紀前…いや、もうちょっと前にドラマで共演させていただいてから、何本もの思い出いっぱいの作品でご一緒させていただいた」と思い出を振り返っています。
ブログでは最後に、「そういや、ドラマの中とはいえ、人生で最後にキスしたのが僕でゴメンなさい。野際陽子さん、本当にありがとうございました。安らかにお眠りください」と追悼の意を表しています。

日本テレビのドラマ『TRICK(トリック)』で野際さんと共演した仲間由紀恵さんも、事務所を通じて追悼のコメントを発表しました。

「『TRICK』で母娘として14年間ご一緒させて頂いた野際さん、最近もドラマで元気にお芝居されている姿を拝見していたので、突然の訃報に、ただただ驚き、悲しい気持ちで胸がいっぱいです」と、惜別の思いを伝えています。

同じく『TRICK』で共演した阿部寛も事務所を通じてコメントを発表しました。

「もうご一緒することができないと思うと凄く淋しいです。年賀状も毎年出し合っていたのですが今年は…。未だこれから何本もご一緒できると勝手に思っていたのですが。本当に残念です」と、野際さんの逝去を悼んでいます。

1994年に野際陽子さんと離婚した千葉真一さんは、娘の真瀬樹里さんから野際さんの逝去を聞いたとき、「俺は直接見るまで信じない」といい、葬儀にも参列しなかったそうです。


野際陽子さんの葬儀は家族葬。お別れ会の予定は

野際陽子さんの葬儀は2017年6月15日に、家族や親族だけで執り行われました。野際さんの葬儀のようなスタイルは、家族葬と呼ばれています。

家族葬とは、家族や親族、親しい友人だけが参列する葬儀のスタイルです。参列する方は、故人と身近な方であることから、会社関係や近所の方が参列する葬儀に比べて、故人や家族の考えを反映しやすい葬儀です。

また、参列する方の人数が少ないため、挨拶に時間を取られることなく、故人とゆっくりお別れすることができます。

芸能人や著名人が家族葬を行った場合、ファンもお別れができるように、日を改めてお別れ会を開くのが一般的ですが、野際陽子さんの遺志により、お別れ会は行われないそうです。

女優としての人生を全うした、野際陽子さんのご冥福をお祈りします。

関連記事「渡瀬恒彦さんの葬儀やお別れ会」の記事を見る

家族葬について詳しく見る

ご葬儀をもっと知りたい方へ