終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬のマナーは一般のお葬式と違うの? 参列者への案内や対応は? 参列する方のマナーも紹介

家族葬のマナーは一般のお葬式と違うの? 参列者への案内や対応は? 参列する方のマナーも紹介

share:

家族葬のマナー


家族葬は、故人と最期にお別れしてほしい方を家族が決めることができる葬儀です。

故人と親しい方たちと見送ることができますが、「参列できる人」と「参列できない人」が出てきます。

そのため、一般的な葬儀とは違い、家族葬ならではの配慮が大切になってきます。それでは、どのようなマナーや気遣いが求められるのでしょうか。


家族葬を行うときは、親族の理解を得ること

家族葬だからこそ気を付けたいマナーのひとつが、親戚への連絡です。

家族葬を行う家族は増えていますが、親戚の中には身内だけで行うことに理解を示さない方もいます。

家族葬を行う場合は、事前に家族葬で行う理由を説明することで、理解が得られやすくなります。

また、呼ばなかった親戚がいる場合、家族葬が終わった後に「どうして呼んでくれなかったのか」と言われる可能性があります。この場合も、どういう考えで家族葬を行ったのか、納得してもらえるように説明しましょう。


家族葬に参列できなかった方の想いに配慮を

家族葬を終えた後は、故人が逝去したことを知らせておきたい方へ、家族葬で見送ったことをハガキなどで報告することもマナーのひとつです。

このとき大切なことは、家族葬に呼ばなかった方への配慮です。呼ばなかった方の中には、「最期にお世話になった故人とお別れをしたい」という想いの方もいるからです。

ハガキで報告した後、家族葬に呼ばなかった方が、「故人を偲びたい」と自宅に弔問に訪れることもありますので、弔意への感謝を伝え、故人を偲んでもらいましょう。

突然の弔問に供え、家族は簡単なお菓子などを用意しておくことをお勧めします。


家族葬に参列する方は、家族からの食事の誘いは受ける

家族葬は親しい方だけで故人を偲ぶお別れのかたちなので、参列者は家族の想いを汲んだ対応が求められます。

家族葬に参列する方は、家族が「故人と最期にお別れしてほしい」という想いで声掛けをした方たちです。

家族から、「気持ちばかりの別席を設けております。ぜひ皆さまお集りいただき、食事を召し上がりながら故人を偲んでいただければと思います」と、食事の誘いがあった場合は、受けましょう。

参列した方の時間の許す限り、食事をしながら故人の思い出を語り合うことが、故人を偲ぶだけではなく、家族の想いに応えることにもなります。


家族が葬儀を終えた報告をするまで、家族葬に参列したことは口外しない

家族葬に呼ばなかった方が、逝去したことを知った場合、「お世話になった故人と最期にお別れをしたかった」という想いから、「故人に手を合わせたい」と、自宅へ弔問に訪れる可能性があります。

家族葬を終えたばかりで、心身ともに疲れている家族にとって、弔問への対応は負担になります。

家族葬の参列した方のマナーとして、家族が報告するまで、参列者は家族葬に参列したことを口外することは控えましょう。



親しい方で送る家族葬は、一般的な葬儀に比べ、考えに合わせて自由にお別れができます。ただし、葬儀としてのマナーに則ったうえでのことなので、分からないことや不安に思うことはそのままにせず、葬儀社に相談してみましょう。

家族葬について詳しく調べる

関連記事「会社への連絡の仕方や訃報を伝える注意点」を見る

ご葬儀をもっと知りたい方へ