終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬のマナー|抑えておきたい参列基準や連絡、服装などを徹底解説

11/26最新情報

新型コロナウイルスがご心配な方へ

感染防止を第一に考えたご葬儀について

家族葬のマナー|抑えておきたい参列基準や連絡、服装などを徹底解説

家族葬のマナー

家族葬は、故人と最期にお別れしてほしい方を、つまり葬儀にお呼びする方を家族が決めることができる葬儀です。

故人と親しい方たちと見送ることができますが、「参列できる人」と「参列できない人」が出てきます。

そのため、一般的な葬儀とは違い、家族葬ならではの配慮が大切になってきます。それでは、どのようなマナーや気遣いが求められるのでしょうか。

4万件以上の相談実績から誕生した
「はじめての葬儀ガイド」無料プレゼント

以下のようなことについてお困りの方は、ぜひご活用ください。

  • 葬儀の流れや何を準備しておけばいいかが分からない
  • どこで葬儀をあげれば良いか葬儀場の探し方が分からない
  • 費用はどのくらいを用意する必要があるのか、見積もりが欲しい

すぐに使える葬儀費用が最大5万円も割引になる得割クーポンがつくなど、いざという時に役立つ情報が満載です。葬儀をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

家族葬は家族の意向を大切にする葬儀

5分でわかる家族葬とは?

家族葬は、家族や親戚、友人など、故人と親しかった少人数の人たちだけで、ゆっくりとお別れができる葬儀です。

家族葬を行う遺族は、お呼びする人の範囲や人数をあらかじめ決められますが、それによって葬儀にお呼びしない方も出てきます。

喪主と遺族のマナーの中で最も大切なのが、この「葬儀に参列できなかった方々」への対応と心遣いになります。

弔問する側のマナーとしては、家族葬への参列の連絡を受ける範囲は、故人の遺志や遺族の想いによって決められたものなので、その意向を尊重し、呼ばれなかった場合は参列を遠慮することが常識です。

喪主・遺族が気を付けるべき家族葬の連絡マナー

家族葬だからこそ気を付けたい、親戚への連絡マナー

家族葬を行う家族は増えていますが、親戚の中には身内だけで葬儀を行うことに理解を示さない方もいます。

家族葬を行う場合は、事前に家族葬で行う理由を説明することで、理解が得られやすくなります。

また、家族葬に呼ばなかった親戚がいる場合、葬儀が終わった後に「どうして呼んでくれなかったのか」と言われる可能性があります。
この場合も、どういう考えで家族葬を行ったのか、納得してもらえるように説明することが大切です。

別記事「家族葬の連絡をする相手と手段。お呼びしない方にも連絡は必要?」にて家族葬の連絡手段を詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

参列をお願いする方への連絡マナー

家族葬の参列者への連絡は、電話や訃報連絡で行うのが一般的です。

亡くなったことを知らせる一報は、できるだけ早く伝えましょう。家族葬の日程や場所については、葬儀社との打合せ後で連絡します。

葬儀社との打合せの後、家族葬の日程や場所が決まったら、再び参列者に連絡します。
最近では、ご案内状をメールやFAXで送るのが一般的です。

その際、香典・供花を辞退する場合は、その旨も伝えます。

香典・供花辞退のご案内テンプレート

家族葬にお呼びしない方への連絡マナー

家族葬への参列を遠慮していただく場合は、その旨を明確に伝えましょう。ここではっきり伝えておかないと、相手方も迷われてしまいます。

失礼にならないよう、その理由も添えます。故人や遺族の意志により、近親者のみで葬儀を行うことを明記しておけば、納得していただけると思います。

例文として、「誠に勝手ながら、通夜・葬儀は近親者のみで執り行いますので、弔問等はご遠慮くださいますようお願いいたします」など、シンプルで良いでしょう。

ご逝去お知らせハガキテンプレート

参列を遠慮していただく場合、葬儀についての連絡を事前に入れず、終わってから報告するのが一般的です。

家族葬を終えた後は、故人が逝去したことを知らせておきたい方へ、家族葬で見送ったことをハガキなどで報告することもマナーのひとつです。

このとき大切なことは、家族葬に呼ばなかった方への配慮です。呼ばなかった方の中には、「最期にお世話になった故人とお別れをしたかった」という想いの方もいるからです。

年末が近ければ年賀状の喪中ハガキによって代替することもできます。

ハガキで報告した後、家族葬に呼ばなかった方が、「故人を偲びたい」と自宅に弔問に訪れることもあります。その際は、弔意への感謝を伝え、故人を偲んでもらいましょう。

突然の弔問に供えて、家族は簡単なお菓子などを常備しておくことをお勧めします。

ご逝去お知らせハガキテンプレート

コロナ禍でも
安心してできる葬儀は
「お葬式のむすびす」へ

新型コロナウイルス対策にいち早く取り組み、その徹底した対策とお客様への配慮が多くのマスメディアに取り上げられました。

    【感染症対策の取り組み】

  • 社員全員がマスクを着用
  • 濃厚接触につながりやすいお食事の提供を控え、カタログギフトのお渡しを実施
  • 式場や待合室では、座席に一定の間隔を開け、ソーシャルディスタンスを実施
  • 葬儀に関するやりとりは全てオンライン化
※些細なことでも何でもご相談ください。葬儀の相談は無料です。

家族葬に参列する方が気を付けるべきマナー

参列の判断方法

一般的な葬儀の慣習では、訃報や葬儀の知らせを聞いたら、できるかぎり駆けつけることがマナーとされていますが、家族葬はそれに当てはまりません。

遺族から参列をお願いされた場合のみ弔問するのがマナーであり、参列の連絡やご案内がない限り、家族葬への参列は控えます。

服装はブラックフォーマル

家族や親戚、故人とごく親しかった人たちだけでお別れする家族葬であっても、服装は喪主・参列者ともにブラックフォーマルが基本です。

男性はダブルまたはシングルのブラックスーツ、女性は黒無地や目立たない織り柄、光沢が抑えられていたり、透けすぎていない素材で、ワンピースやアンサンブル、スーツになります。

別記事「家族葬の服装マナー。平服の意味は? 喪服にも種類があるの?」にて家族葬での服装マナーについて紹介しています。併せてご覧ください。

香典・供花・供物について

家族葬の場合、一般の葬儀とは違って遺族の意向により香典・供花・供物を辞退されることがあります。

参列のご案内を受けた段階で、香典などの辞退の旨を伝えられた場合は、香典等は持参しません。

何も言われなかった場合は、念のために用意しておくことをお勧めします。

家族葬に参列する方は、家族からの食事の誘いは受ける

家族葬は親しい方だけで故人を偲ぶお別れのかたちなので、参列者は家族の想いを汲んだ対応が求められます。

家族葬に参列する方は、家族が「故人と最期にお別れしてほしい」という想いでお声掛けをした方たちです。

家族から、「気持ちばかりの別席を設けております。ぜひ皆さまお集りいただき、食事を召し上がりながら故人を偲んでいただければと思います」と、食事の誘いがあった場合は、受けるのがマナーです。

参列した方の時間の許す限り、食事をしながら故人の思い出を語り合うことが、故人を偲ぶだけではなく、家族の想いに応えることにもなります。

家族が葬儀を終えた報告をするまで、家族葬に参列したことは口外しない

家族葬に呼ばれなかった方が逝去したことを知った場合、「お世話になった故人と最期にお別れをしたかった」という想いから、「故人に手を合わせたい」と、故人の自宅へ弔問に訪れる可能性があります。

家族葬を終えたばかりで、心身ともに疲れている家族にとって、弔問への対応は負担になります。

家族葬の参列した方のマナーとして、家族が葬儀を終えたことを報告するまで、家族葬に参列したことを口外することは控えましょう。

親しい方で送る家族葬は、一般的な葬儀に比べ、考えに合わせて自由にお別れができます。但し、葬儀としてのマナーに則ったうえでのことなので、分からないことや不安に思うことはそのままにせず、葬儀社に相談してみましょう。

葬儀後のお手続きの相談はお葬式のむすびすへ
葬儀後のお手続きの相談はお葬式のむすびすへ

家族葬に参列しなかった方が気を付けるべきマナー

葬儀前にお悔やみの電話や弔問するのは控える

葬儀には参列できなくても、「お世話になった故人やご遺族にお声掛けしたい」という想いから、お悔やみの電話や弔問をしたいと考える方がいらっしゃいます。

しかし、葬儀前の遺族は慌ただしくしているので、電話や弔問等で負担を増やすことはマナー違反です。

お悔やみの電話などは葬儀の後日、家族が落ち着いたタイミングにしましょう。

香典・供花・供物・弔電は出すべき?

家族葬を行う場合、お呼びしなかった方からの香典等を辞退する遺族が一般的です。

「会葬辞退のご案内」や「香典・供花辞退のご案内」がある場合は、内容をよく確認して、遺族の意向を優先することがマナーです。

まとめ|喪主は家族葬にお呼びする方、お呼びしない方の両方に配慮する。参列者は遺族の意向を優先することがマナー

家族葬のマナーについて、ご理解いただけたでしょうか?

  • 家族や親戚、故人と親しかった少人数の人たちだけでお別れをする家族葬では、葬儀にお呼びしなかった方々への配慮が一番大切。
  • 家族葬は、親戚などに事前に家族葬を行う理由を説明し、理解を得ておく必要がある。
  • 家族葬への参列をお願いする方には、できるだけ早く連絡する。香典や供花を辞退する場合は、その旨も伝える。
  • 家族葬への参列を遠慮いただく場合は、葬儀についての連絡を事前に入れず、終わってからハガキなどで報告するのが一般的。
  • お呼ばなかった方が自宅に弔問に訪れた際には、弔意への感謝を伝え、故人を偲んでもらうのがマナー。
  • 家族葬は、遺族から参列をお願いされた場合のみ弔問する。参列の連絡やご案内がない限り、家族葬への参列は控える。
  • 家族葬の服装は喪主・参列者ともにブラックフォーマルが基本。
  • 一般の葬儀と違って香典・供花・供物を辞退されることがあるので、その際は遺族の意向に従うのがマナー。
  • 家族から食事の誘いがあった場合、受けるのがマナー。
  • 家族が葬儀を終えた報告をするまで、家族葬に参列したことは口外しない
  • 「会葬辞退のご案内」「香典・供花辞退のご案内」がある場合は、遺族の意向を優先する。

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ