終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬の服装マナー。平服の意味は? 喪服にも種類があるの? 
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀を考え始めた方へ

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

家族葬の服装マナー。平服の意味は? 喪服にも種類があるの? 

share:

家族葬の服装マナー


家族葬は家族や親族、友人など、故人と親しかった方でお別れしますが、守るべきマナーはあります。中でも、判断が難しい服装のマナーについて紹介します。


家族葬の服装は、喪主も参列者も準喪服が一般的

家族葬に参列する際の服装は、喪主がどのような内容で送るのか、その考え方で決まります。

仏教葬や神道葬、キリスト教葬など、宗教に則って行う場合は、一般の葬儀と同じように喪服が基本です。

喪服は格式によって、正喪服、準喪服、略喪服の3つに分けられます。どの喪服を身に付けるのかは、家族葬を行う家族なのか、参列者なのか、お通夜なのか、告別式なのかなど、立場と弔事の種類によって変わります。


正喪服

家族葬を行う喪主やその配偶者、喪主の近親者が身に付けるものです。男性は黒のモーニングコートや紋付羽織袴、女性は黒で無地のワンピースやアンサンブル、スーツ、黒無地の着物になります。

準喪服

参列者が身に付けるもので、喪主やその配偶者、喪主の近親者より格式を下げた装いです。男性はダブルまたはシングルのブラックスーツ、女性は黒無地や目立たない織り柄、光沢が抑えられていたり、透けすぎていない素材で、ワンピースやアンサンブル、スーツになります。

略喪服

ダークグレーや紺など、シックな色合いの服装です。男性は無地またはそれに近い織り柄のスーツになります。女性は無地に近い織り柄、チェック、ストライプ、水玉などの柄で、ワンピースやアンサンブル、スーツになります。

家族葬では、喪主やその配偶者、近親者であっても準喪服を身に付ける傾向にあります。参列者も、葬儀の案内の中に服装について記載がなければ、マナーとして準喪服で参列しましょう。


「平服でお越しください」の意味は、略喪服での参列を意味する

宗教色のない、無宗教葬の場合はどうでしょう。家族によっては、葬儀の案内で「故人の意向に沿って、平服でお越しください」と伝えることがあります。

平服とは、普段着という意味ですが、葬儀にいつもと同じ服装で参列すると、恥ずかしい思いをすることになります。

「平服でお越しください」とは、「それほどかしこまらなくてもいい」という意味であり、略喪服で参列することがマナーです。


準喪服の装いとマナー。男性はブラックスーツ、女性は黒のワンピースなど

準喪服の具体的な装いを男性、女性それぞれ紹介します。

男性の服装

ダブルまたはシングルのブラックスーツです。スリーピースの場合は、ベストも黒を選びましょう。

ワイシャツはレギュラーカラーの白無地で、襟をボタンで留めるボタンダウンのシャツは避けましょう。ネクタイは黒の無地や織り柄を選び、タイピンはつけません。足元は黒の靴、黒の靴下で統一します。

女性の服装

黒のワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツなどです。スーツの場合、インナーも黒を選びましょう。

服装の素材は、黒無地やシンプルな織り柄、光沢が抑えられていたり、透けすぎていないものになります。

スカートは、通常の丈より少し長い、ミディアム丈が無難です。袖丈は、夏であれば半袖でも大丈夫です。足元の靴は、黒で飾りの少ないパンプス、ストッキングは黒が望ましいとされています。


略喪服の装いとマナー。男性も女性も地味な色のスーツやワンピースに

略喪服の具体的な装いを男性、女性それぞれ紹介します。

男性の服装

スーツの色はダークグレーなど、地味な色合いで、無地かそれに近い柄であれば問題ありません。

シャツはレギュラーカラーの白無地で、準喪服と同じように、襟をボタンで留めるボタンダウンのシャツは避けましょう。ネクタイは、黒無地か黒の織り柄になります。靴や靴下の色は黒が基本です。靴のデザインは、飾りが少ない靴であれば大丈夫です。

女性の服装

準喪服と同じように、ワンピース、スーツ、アンサンブル、パンツスーツですが、色はグレーや紺でも構いません。素材や柄は、無地に近い織り柄のほか、チェックやストライプなども選ぶことができます。

露出が多いノースリーブや衿ぐりの大きいデザインは避けましょう。靴は黒以外の、シックな色合いであれば問題ありません。


家族葬の身だしなみは、アクセサリーを身に付けないのが基本

アクセサリーについてですが、基本的には結婚指輪以外のアクセサリーは身に付けません。

ただし、真珠に関しては「涙の象徴」として、お悔やみの場にふさわしいアクセサリーとされています。真珠のネックレスを身に付ける場合は、必ず一連のものを選びましょう。二連のネックレスは「不幸が重なる」という意味があるので、弔事では使わないのがマナーです。

家族葬で身に付ける服装に迷ったときは、身近な方に相談しましょう。身近に相談する方がいない場合は、葬儀社に相談してみるのもひとつの手です。

家族葬について詳しく調べる

関連記事「葬儀に履いていく靴のマナー」を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-72-2195

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

    実際の葬儀の費用がわかる
    最近の葬儀のプランがわかる

    詳細を見る

ご葬儀を考え始めた方へ

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

終活メディア実際の葬儀の費用や、
最近の葬儀プランを知りたい!

全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド

葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

実際の葬儀の費用がわかる
最近の葬儀のプランがわかる

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀をもっと知りたい方へ