終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 年末年始の葬儀は、どうすればいいの?

年末年始の葬儀は、どうすればいいの?

share:

年末年始の葬儀

年末年始であっても、万が一のことは起こり得るので、念のため心構えと準備をしておく必要があります。

今回は、正月の前後に逝去した際のポイントをまとめました。

年末年始はほとんどの火葬場が休業

年末年始に逝去した場合、ほとんどが三が日以降の葬儀となります。

地域にもよりますが、12月31日から1月3日までの期間は休業となる火葬場が多く、火葬ができないからです。

休業前や休業後も火葬場の予約が取りにくいため、逝去から火葬までの日数が空く場合もあります。故人の体を守るために、安置方法について葬儀社と相談しましょう。

年内に年始にご葬儀を行える斎場・火葬場をご案内します

お電話でのお問い合わせ

Tel:0120-72-2195

365日24時間、深夜早朝も専門相談員がご相談にお応えいたします。

メールでのお問い合わせ

資料・お見積りを取寄せる

当日発送。お急ぎの方にはすぐにメールでお送りいたします。

年内に年始にご葬儀を行える斎場・火葬場をご案内します

お電話でのお問い合せ

0120-71-2195

365日24時間、深夜早朝も専門相談員がご相談にお応えいたします。

メールでのお問い合せ

資料・見積りを取寄せる

当日発送。お急ぎの方にはすぐにメールでお送りいたします。


年末年始に起きた不幸に際して、家族がやるべき4つのこと

ここでは、年末年始に身内が逝去した際に、家族が行うべき手続きや手配について紹介します。

1. 葬儀社への連絡

葬儀社は24時間365日連絡が取れるので、年末年始でもまずは葬儀社に連絡しましょう。

逝去から葬儀までの間、故人の体を守るためにドライアイスを利用します。ただし、ドライアイスによって故人の体を守ることができるのは数日間です。

年明けの火葬場は混み合っていて、さらに数日待つ可能性もあるので、「エンバーミング」(遺体を衛生的に保存するための処置方法)なども視野に入れて、故人の体の安置方法について、葬儀社と相談するといいでしょう。

2. 菩提寺への連絡

菩提寺がある方は、住職に読経を依頼します。年末年始はお寺も多忙ですから、早めに予定を確認しておきましょう。

3. 役所の手続き

年末年始も、夜間・休日窓口で死亡届を受け付けています。

4. 金融機関の手続き

年末年始は金融機関もお休みになります。葬儀費用は後払いがほとんどですが、病院の支払いやお布施などの出費が予想されるため、ある程度の現金は前もって手元に置いておくと良いでしょう。

松の内に葬儀をしてもいいの?

火葬場は、早いところで1月3日から営業を開始します。とはいえ、「松の内(元旦から7日、あるいは15日までの、正月の松飾りを飾っておく期間)に盛大な葬儀をするのははばかられる」「そもそも、松の内に葬儀をして良いのだろうか」と考える人が多いのではないでしょうか。

松の内に葬儀をしてはいけないという決まりはありませんが、世間の祝賀ムードに水を差さないよう、家族葬や直葬でひっそりと済ませたいという方も多いようです。松の内が明け、落ち着いてから改めてお別れ会を行ってはいかがでしょうか。

なお、葬儀の日程が決まったら、親族や友人、生前にお世話になった仕事関係や近所の方などには通知しておくことをお勧めします。

正月早々の訃報は気が引けるという気持ちもわかりますが、「葬儀に来てください」というより「生前のご厚誼に感謝します」という気持ちを込めて、礼節を尽くすつもりで通知しましょう。

年末年始の葬儀だからといって、お通夜・葬儀の内容に違いがあったり、葬儀費用が高くなったりすることはありません。「火葬場が開いているかどうか」で葬儀の日程が決まるということを前提に、地域の風習も踏まえて準備をしましょう。


年内に年始にご葬儀を行える斎場・火葬場をご案内します

お電話でのお問い合せ

Tel:0120-72-2195

365日24時間、深夜早朝も専門相談員がご相談にお応えいたします。

メールでのお問い合せ

資料・お見積りを取り寄せる

当日発送。お急ぎの方にはすぐにメールでお送りいたします。

年内に年始にご葬儀を行える斎場・火葬場をご案内します

お電話でのお問い合せ

0120-71-2195

365日24時間、深夜早朝も専門相談員がご相談にお応えいたします。

メールでのお問い合せ

資料・見積りを取寄せる

当日発送。お急ぎの方にはすぐにメールでお送りいたします。

ご葬儀をもっと知りたい方へ