終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. お通夜と葬儀・告別式の違いとは? 流れは? マナーや手順も紹介
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

お通夜と葬儀・告別式の違いとは? 流れは? マナーや手順も紹介

share:

合掌

初めて喪主を務める方や、葬儀への参列経験がない方の中には、お通夜と葬儀・告別式という言葉を聞いたことがあっても、それぞれの違いがわからないという方も少なくないのではないでしょうか。

お通夜と告別式それぞれにどんな意味があるのか、何のために行われるのか、どんな流れで行われるのか、ポイントをマナーと共にまとめました。

お通夜は、仕事関係や近所の方がメインでお別れする儀式に

葬儀とは、一般的に2日間にわたって行われるお別れの儀式のことです。1日目はお通夜、2日目は葬儀・告別式と分かれています。

1日目のお通夜は、本来、家族や親族、友人といった身近な方たちが、線香やろうそくの火を絶やすことなく、故人とともに夜通し過ごすことで故人をしのぶ儀式であり、一般の弔問客は翌日の昼間に行われる葬儀・告別式に参加していました。

しかし、時代の変化とともにお通夜の流れは変わり、仕事関係や近所の方も参列しやすい、18~19時頃から僧侶の読経が始まるようになりました。

焼香のあとは、故人との最後の食事の場である通夜振る舞いを用意して参列者をもてなし、夜のうちにお開きになる「半通夜」が主流になっています。

特に首都圏において、斎場・葬儀場に宿泊しない家族が増えた背景には、斎場・葬儀場の規則が影響しています。斎場・葬儀場の多くは、宿泊設備を持っていなかったり、防火上の理由から夜中は線香やろうそくの火を消さなければならなかったりするからです。

では、都市部における一般的なお通夜について、開始時間や所要時間などの流れを確認しておきましょう。

 

半通夜は、開式から閉式まで長くて3時間

お通夜の開始時間は、前述したように18~19時頃が主流です。親族は開始の1時間ほど前を目安に集まり、弔問客や僧侶に先駆けて斎場・葬儀場に入ります。開式の宣言後、喪主から順番に焼香をし、家族や親族に次いで弔問客が焼香を済ませます。

焼香にかかる時間は弔問客の数によって変動しますが、平均的な規模(60~90人程度)であれば30~40分ほどといったところでしょう。焼香が終わると、僧侶の法話があります。これは10分弱で終わりますが、近年は省かれ、そのまま僧侶退場となるケースも多いようです。

僧侶が退場したら、喪主から参列者に挨拶をし、「通夜振る舞い」の席へ案内します。通夜振る舞いは、お礼の気持ちを込めて僧侶や参列者をもてなすとともに、故人を供養し、しのぶ目的で行われます。

料理と飲み物が出されますが、お通夜本来の意味を踏まえ、長居をしないのがマナーであり、1時間程度で散会になるケースが多く見られます。

したがって、近年主流の半通夜であれば、開式から閉式まで、およそ2時間、長くても3時間ほどです。

参列を希望する方で、仕事の都合や遠方からの参列などで20時を回りそうな場合は、斎場・葬儀場に連絡をして式の進み具合を尋ね、何時まで焼香が可能か確認しましょう。

家族は参列者の対応に追われているため、遅れる旨や到着時刻については葬儀社を介して伝えてもらうことが大切です。

時間外の弔問は、斎場・葬儀場や故人との関係性によっても違ってきます。生前の故人と非常に親しく、その関係性を家族も認識しているのであれば、お通夜の時間外でも駆けつけてお別れをしたほうが喜ばれるでしょう。

ただし、斎場・葬儀場などでは閉館時間が決まっているため、参列の時間があまりに遅くなる場合は翌日の葬儀・告別式に参列したり、弔電を送ったりといった柔軟な対応が求められます。

 

お通夜の流れで大切なのは、焼香やお布施を渡すタイミング

ここでは、お通夜の準備から、開式、お通夜の後の食事の席「通夜振る舞い」まで、半通夜の一連の流れとともに、喪主が行うことを紹介します。

お通夜・告別式のお知らせ

お通夜や葬儀・告別式の日時や場所が決まったら、故人と親交のあった方のリストを作って連絡します。併せて、受付けや会計、案内などを親族や親しい友人などに頼みましょう。

供花の確認と配列の指示

斎場・葬儀場の受付け、花祭壇、通夜振る舞いなどの設営は、葬儀社が行います。また、供花のとりまとめも葬儀社が行います。

葬儀社が作成した供花のリストを基に、送り主の社会的地位や故人との関係を考慮して配列を指示します。

席次と焼香順の確認

お通夜の席順は、式場のレイアウトにもよりますが、一般的には祭壇に向かって右側に喪主とその家族、親族が座ります。

左側には友人・知人、会社関係の方が座ります。そのほかの一般の参列者の席は、左右の席の後方になります。座った順に焼香を行うため、席を決めるときは配慮が必要です。

会葬礼状や会葬返礼品の確認

葬儀社が用意した会葬礼状や、会葬返礼品の内容と数量に間違いがないか確認します。

僧侶への挨拶、お布施の受け渡し

菩提寺とお付き合いがある方は、家族が僧侶を迎えに行って控室に案内します。

菩提寺にお布施を渡すタイミングは、一般的にはお通夜が始まる前に挨拶をした時ですが、菩提寺によってそれぞれ違うので、親族に相談しましょう。親族でも分からない場合は、菩提寺にご相談ください。

菩提寺とのお付き合いがなく、葬儀社が紹介した僧侶が読経を行う場合、葬儀社が僧侶を迎えに行き、控室に案内します。

僧侶への挨拶やお布施の受け渡しは、葬儀社が伝えるタイミングで行ってください。

受付

お通夜の開始30分前から受付けを始めます。喪主とその家族は、通夜開始15分前には着席して僧侶を待ちます。

受付係は、参列者の名前を確認し、香典を受け取るという重要な役割なので、信頼できる方に頼む必要があります。

身内や親族は準備で慌ただしいため、できれば友人や知人、近所の方などに頼みましょう。葬儀の規模や故人の立場によっては、会社の方に受付けを依頼することもあります。

家族葬など、身内しか参列しないことを想定していたにもかかわらず、思いがけない参列者があった場合は、故人の近親者が協力して受付けに立ちましょう。

開式の30分から1時間前には参列者が来場し始めますので、受付係は早めに斎場・葬儀場に入って準備をしなければなりません。家族のいる位置やトイレの場所などを聞かれることもありますので、レイアウトは一通り確認しておきましょう。

受付では、弔問客のお悔やみの言葉に、家族の立場でお礼を述べて、香典を両手で受け取り、芳名帳に記帳していただくよう依頼します。

告別式の受付も、基本的な内容は変わりません。お通夜に参列しなかった方が持ってきた香典を受け取り、記帳をしてもらいます。

お通夜の進行

まず、僧侶が入場し、読経と焼香を行い、続いて、喪主、家族、親族、一般の参列者が焼香します。

焼香のタイミングは、僧侶と葬儀社で相談して案内します。一通り参列者の焼香が済んだら、僧侶が法話を行い、閉式を告げて退席します。

喪主あいさつ

喪主は「参列へのお礼」「故人死去の報告」「生前のご厚誼への感謝」を手短に述べ、参列者を通夜振る舞いの席へ案内します。

通夜振る舞い

通夜振る舞いは、故人の供養と、参列者へのお礼のために用意する食事の席です。一般的には、1~2時間で終了します。

最近では通夜振る舞いの意味合いも変わり、家族が故人に代わって感謝の気持ちを込めて、もてなす意味合いが強くなりました。

僧侶の接待は、家族や親族が行いますが、僧侶が通夜振る舞いを辞退した場合は、お布施とは別に、食事の代わりに「お膳料」を用意して渡しましょう。

参列者は焼香を終えたのち、通夜振る舞いの席へと案内されます。葬儀社のスタッフではなく、家族から通夜振る舞いをすすめられたときは、マナーとして席に着きましょう。

通夜振る舞いの最後の挨拶は、「翌日の葬儀の案内」で締めくくるのが一般的です。

 

告別式は、家族や親族が故人をゆっくり偲ぶ時間

葬儀の2日目に午前中から行われる告別式は、本来は葬儀式と告別式の2つの儀式からなります。このうち葬儀式は、家族や親族が故人の冥福を祈り、見送る宗教的な儀式です。

一方の告別式は、友人や知人、会社関係や近所の方など、一般の方とお別れをする儀式です。現在では、葬儀式と告別式と区別がなく、一連の流れで行われるのが一般的になりました。

一般の方の参列は、お通夜か告別式のいずれかへの参列が慣例化しています。そのため、一般の方は仕事の都合などで夜に開式されるお通夜に参列する傾向にあり、告別式への参列はお通夜に比べて少ないため、家族や親族は告別式で故人をゆっくり偲ぶことができます。

告別式の流れで大切なのは、喪主あいさつのタイミング

ここでは、告別式前の確認から、開式、火葬後の食事の席「精進落とし」まで、告別式の一連の流れとともに、喪主が行うことを紹介します。

告別式前の確認

喪主は告別式の当日に、改めて式の内容を葬儀社と打ち合わせします。式次第に不明な点や疑問があれば、このときに質問をして解消しましょう。

火葬場まで行く方の人数と、火葬後の食事「精進落とし」に参加する方の人数は必ず確認してください。火葬場に向かうバスや、料理の手配に間違いがないようにするためです。

弔辞の順番を決定する

届いている弔辞に目を通し、告別式で弔電を読む数と順番、名前や肩書の読み方を確認しましょう。弔電が多く届いた場合は、名前だけを紹介する方法もありますので、葬儀社に相談してください。

席次と焼香順を決定する

告別式の席順は、式場のレイアウトにもよりますが、一般的には祭壇に向かって右側に喪主とその家族、親族が座ります。左側には友人・知人、会社関係の方が座ります。そのほかの一般の参列者の席は、左右の席の後方になります。

葬儀の進行

喪主やその家族、親族は、告別式の開始予定時刻の10分前には着席して僧侶を待ちます。続いて一般の参列者が着席します。

僧侶の入場

僧侶が入場します。参列者一同は起立し、合掌か軽く頭を下げて迎えます。

読経・引導

司会者の開式の辞に続いて、僧侶の読経が始まります。

弔辞・弔電の紹介

あらかじめ弔辞を依頼している場合は、司会者の案内で弔辞が捧げられ、弔電が紹介されます。弔辞や弔電を紹介するタイミングは、葬儀社と相談しましょう。

焼香

まず、僧侶が焼香をします。続いて喪主やその家族、近親者が焼香をした後、一般の参列者が焼香します。喪主とその家族は、一人ひとりの焼香に黙礼で応えます。

僧侶退出

参列者の焼香後、僧侶は退出します。接待係は僧侶を控室に案内し、お茶菓子でもてなします。

花入れ

故人が休んでいる柩に花や思い出の品を手向け、最期のお別れをします。

喪主あいさつ・閉式の辞

喪主かその家族が、参列者へのお礼を簡単に述べます。司会者が閉式の辞を述べ、出棺準備に移ります。

出棺の後は、火葬場へ向かいます。火葬を行い、遺骨を骨壺に収めて、精進落としの席に移動。喪主あいさつを行い、散会となります。

喪主を務める方は、お通夜・告別式でやるべきことはたくさんありますが、葬儀社のスタッフが事前に説明します。

香典返し

最近は、お葬式の当日に受付けで香典返しをお渡しする「当日返し」が増えてきました。

香典返しには「忌明け法要を滞りなく終えることができました」という報告の意味が含まれているため、本来は「忌明け」となる四十九日を過ぎてから2週間以内を目処に送るものです。

また、香典返しは受け取った金額の半額の品をお返しとする半返しが基本です。当日返しの場合は、香典の金額にかかわらずすべての参列者に同じ品物を用意しますが、受け取った香典の額が高額の場合は、忌明けの後に改めてお礼の品物を送ることが大切です。

葬儀社のスタッフは、お通夜や告別式の間も喪主のそばでサポートします。「こんな場合はどうしたらいんだろう」という不安を感じることなくお別れに臨むために、分からないことがあればどんなことでも質問しましょう。

 

お通夜と葬儀・告別式の日程をスムーズに決めるために重要な3つのポイント

故人が逝去した日の翌日にお通夜、翌々日に葬儀・告別式を行うものだと考えている方は少なくなりません。

しかし、地域によっては、故人が逝去してから数日後にお通夜や葬儀・告別式を行うことも珍しくありません。葬儀の日程を決めるために、様々な要因を考慮して、調整する必要があるからです。

葬儀の日程をスムーズに決められるよう、重要な3つのポイントを確認しておきましょう。

 

菩提寺と付き合いのある方は、最優先で都合の確認を

葬儀の日程を決める上で、重要な3つのポイントは、宗教者の都合、火葬場の予約状況、参列者の都合です。

宗教者とは僧侶や神主、神父などのことです。僧侶による読経など、宗教儀礼のある葬儀を行う場合、宗教者がいなくては始まりません。

特に、菩提寺と付き合いがある方は、菩提寺の都合を最優先で確認しましょう。菩提寺の僧侶が葬儀で読経をしなかった場合、お墓への納骨を断られる可能性があるからです。菩提寺が遠方にある場合でも、菩提寺の僧侶に読経をお願いしましょう。

宗教者との付き合いはないが、宗教儀礼のある葬儀を希望する場合は、葬儀社を通じて宗教者を紹介してもらうことができます。宗教者は、家族のスケジュールに合う方を紹介してもらえます。

 

火葬場の空き状況や休館日も考慮して

日本の法律では、故人の火葬が義務付けられています。そのため、葬儀を行う際には、あらかじめ火葬場の予約をしなければなりません。

宗教者の都合を確認したら、すぐに火葬場の空き状況を確認しましょう。東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県といった首都圏では、火葬場が予約で埋まっていて、希望する日時に予約できないということも珍しくないからです。

特に火葬場は、11時から13時に予約が集中します。これは、10時や11時に告別式を終え、火葬中や火葬後に精進落としを食べようと考える方が多いからです。

火葬場の空き状況のほか、火葬場の休館日も考慮して、スケジュールを決める必要があります。火葬場の休館日は、一般的には友引と定められています。

 

参列者のスケジュールや友引にも配慮して日程調整

葬儀の日程を決める上で、最後に参列者のスケジュールを確認しましょう。特に遠方から参列する方がいる場合は、交通機関の状況も踏まえて、日程を調整してください。

このほか、友引にも配慮して、葬儀の日程を検討しましょう。葬儀では、「凶事に友を引く」として、友引の葬儀が避けられているからです。

友引は本来、「共引」と書き、「物事に勝負がつかないとする日」という意味の日でした。それがいつしか「友引」となり、意味合いも変わったようです。

高齢の方の中には、友引を気にする方が少なくありません。「自分は友引を気にしない」という方であっても、参列する方の顔ぶれに合わせて、友引に葬儀を行うかどうか判断しましょう。

葬儀の日程は、葬儀社との打ち合わせで決めていきます。菩提寺への都合の聞き方がわからなかったり、火葬場に空きがなく、希望の日時で葬儀が行えないなど、葬儀の日程調整で困った場合は、葬儀社にすぐ相談しましょう。

葬儀の日程の決め方について相談ができる葬儀社をお探しの方はこちら

関連記事「逝去から葬儀までの流れ」を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-72-2195

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

    実際の葬儀の費用がわかる
    最近の葬儀のプランがわかる

    詳細を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

終活メディア実際の葬儀の費用や、
最近の葬儀プランを知りたい!

全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド

葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

実際の葬儀の費用がわかる
最近の葬儀のプランがわかる

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀をもっと知りたい方へ