ご案内状・ご挨拶文例集 周囲の方々への礼儀を尽くすお知らせ・ご挨拶のマナー

出棺のご挨拶(エピソードを交えた例)

喪主・親族代表のご挨拶

遺族を代表し、一言ご挨拶を申し上げます。本日は、ご多忙のところ、ご会葬いただきまして、誠にありがとうございました。

現役時代の父は仕事一筋。幼い頃の私たちには、父と遊んだ記憶はありませんでした。しかし定年後、山歩きという新しい趣味を見つけ、私たちは父の新しい一面を知ることになります。目を輝かせながら語ってくれた谷川岳や穂高連邦の景色。3年前には私や孫たちを尾瀬に連れて行き、自然の魅力に親しませてくれました。

しかしその直後に闘病生活が始まったため、思うように山歩きもできなくなり、どんなにか残念だったと思います。しかし愚痴をこぼすことは一度もありませんでした。最後は延命治療を毅然と断り、「それが人間として自然だと思うから」と天命を受け入れ、家族に見守られながら静かに息を引き取りました。

この葬儀を通じて、登山サークルの皆様から、父が家族のことをいつも話していたと伺いました。皆様に惜しんでいただける父だったこと、そして亡くなる2日前に「お前たちがいて、仲間がいて、本当に楽しい人生だった、ありがとう」と言ってくれたことが今、私たちの支えになっております。

とはいえ父は少し偏屈なところもあり、ご迷惑をおかけしたこともあるのではないかと心配しております。この際、お許しを賜りたくお願い申し上げます。

生前寄せられました皆様のご厚情に対し、心より御礼申し上げます。私たち家族は、未熟ではありますが、父が残してくれた愛情と思い出を胸に、精進していく所存です。皆様方には、今後もご指導ご鞭撻いただけますよう、お願い申し上げます。

本日はありがとうございました。

告別式の最後にご会葬者へ感謝をお伝えするご挨拶の文例です。生前のエピソードや、今後の決意などを加えると、よりお気持ちが伝わります。

最短当日から、資料・お見積りをお届けします。

お電話でのお問い合わせ

Tel:0120-72-2195

電話ならすぐに解決。365日24時間、深夜早朝も専門相談員がお応えします。

メールでのお問い合わせ

資料・お見積りを取り寄せる

当日発送。メールで資料送付、葬儀社とわからない封筒での送付も可能です。

お電話1本でご不安を安心に

電話で問い合わせる

ここを押すと電話がつながります

フリーダイヤル0120-71-2195相談無料

経験豊富な葬儀プランナーが承ります
なんでもお申しつけください。

矢印かんたん資料請求

最短当日お客様専用資料をお届けします

無料進呈

※2017年にアーバンフューネスでご葬儀された方へのアンケートにおいて、97.3%の方に満足しているとご回答いただきました。
※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。

▲ ページの先頭へ

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

ガイアの夜明け NHKで特集

0120-72-2195