「あさチャン!」の取材・インタビューに協力

クリックで拡大します

緊急事態宣言が出た後に、葬儀はどう変わるのか?

新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「緊急事態宣言」が出た後、葬儀はどう変わるのか?TBSテレビの朝の情報番組「あさチャン!」のインタビューに、弊社副社長の加藤が資料提供等を含め協力しました。

加藤はインタビューの中で、密閉、密集、密接の「3密」への対策を講じた葬儀として「後日葬儀(ごじつそうぎ)」について説明しました。

「後日葬儀」とは、参列者を限定して火葬だけを行ない、感染拡大が収束した後にあらためて参列者をお呼びして、お通夜や告別式を行うお葬式になります。

また、葬儀社が出来る新型コロナウイルス対策として、お客様のご自宅等に外部からウイルスを持ち込まない配慮や、斎場・葬儀場でのマスク着用や指先消毒、会葬者に間隔をあけて着席していただくなど、感染予防対策に万全を期している旨を説明しました。

緊急事態宣言が出た後も、葬儀は「不要・不急」には当たらないため、正しい知識と情報をお伝えし、安全に葬儀を執り行えるよう取り組んでおります。