• 限られた情報をホワイトボードで共有
  • 荷降ろし後の組み立て式の棺
  • 支援メンバーと力を合わせ棺製作
  • 安置所では棺の数がまだ足りておらず、数百の単位で製作し続けている

クリックで拡大します

仙台宮城野斎場にいるアーバンフューネス社員からのレポート

3月26日現在

07時30分 支援拠点となる地元葬儀社「清月記」さん宮城野斎場入り
08時00分 組み立て式の棺荷降ろし、完成済み棺の積み込み
09時30分 棺製作
10時30分 棺配送出発 石巻の安置所へ
13時00分 宮城野斎場に戻り棺製作、荷積み、荷降ろし
18時30分 終了

安置所では棺の数がまだ足りておらず、各地の葬儀社からの支援メンバーと力を合わせ、数百の単位で製作し続けています。