新潮45(2013年11月号別冊)

クリックで拡大します

ビートたけしさんが編集長を務める『新潮75 どうする超高齢社会!』(『新潮45』2013年11月号別冊)の特集「『超多死社会』に備える葬儀業界」に、アーバンフューネスがお手伝いするご葬儀が紹介されました。

特集では、現在のご葬儀を表すキーワードとして「一日葬」「合理化」「感動化」の3つを挙げ、「感動化」に当たるご葬儀をお手伝いする葬儀社として、アーバンフューネスが取り上げられています。

アーバンフューネスのご葬儀は「その人らしいお葬式」であると紹介され、式場の一角に「思い出コーナー」を設けて故人様が描いた水墨画の個展を開いたご葬儀や、お孫様の結婚式に間に合わず旅立たれた故人様に、タキシード姿のお孫様とウエディングドレス姿の婚約者様の写真をたむけるため、急きょ撮影を手配したご葬儀が取り上げられています。