手作りのクリスマスイブ

「アットホームに、明るく見送りたい」

ご家族を愛情たっぷりに包んでいたおばあ様が亡くなりました。夏休みやクリスマス、お正月には各地に住む家族を呼び寄せ、いつもおいしい手料理でもてなしてくれた方だったとのこと。仲の良いご家族は「アットホームに、明るく見送りたい」と、家族葬を希望されました。

喪主を務める娘さんが、テーマカラーに選ばれたのは、淡いピンク色。「母が、まるで少女のように安らかでかわいらしい表情で眠っているから」と、お棺や祭壇の花もこだわって選ばれました。

飾りつけも花束も、ご家族の手で

飾りつけも花束も、ご家族の手で

お通夜の日は、ちょうどクリスマスイブ。おばあ様を囲み、小さな斎場で最後の夜を過ごすご家族に、私たちはある提案をしました。「そんなことが、できるんですか?」ご家族は驚きながらも、歓迎してくださいました。

迎えた12月24日。華やかなピンクの花に包まれた空間の中で、私たちは、斎場に用意したツリーの飾りつけをご家族にお願いし、お棺に捧げる花束も、皆様に手作りしていただきました。
「この色は、ここに入れるとキレイじゃない?」「うん、かわいくなったね」
斎場内には、にぎやかな会話があふれました。

「天国でも幸せに」
大好きなおばあ様へのメッセージ

思い出の写真を飾ったパネル

また、思い出の写真を飾ったパネルにお孫さんから書いていただいたのは、思いのこもった説明文。そこには大好きなおばあ様へのメッセージが込められていました。和やかな雰囲気の中、お食事の最後にクリスマスケーキをお出しすると、皆様から「集合写真を撮ろうよ」という声が上がりました。

笑いが絶えない「手作りのクリスマス」。おばあ様の思い出を語り合うご家族の声は、その夜遅くまで止むことがありませんでした。

内容とお写真は、ご家族様のご了承を得て掲載させていただいております。

家族葬プランを見る

ご葬儀エピソード一覧にもどる

花祭壇事例

アーバンフューネス4つの特長

1
すべての費用を契約前に
2
自社社員で安定した品質
3
ご葬儀前後も無料サポート
4
想いやご要望に合ったお葬式

特長を見る

「最期何かしてあげたい」「こんなことはしてもいいの?」など小さな疑問や想いにもお応えいたします。お気軽にご相談ください。

ラインで送る

※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。
※2018年6月27日にプラン改訂を行っております。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せくださいませ。
フリーダイヤル0120-72-2195、24時間365日対応