葬儀の追加費用が気になる方へ 葬儀の追加費用が気になる方へ

家族で語り明かした一夜

担当エンディングプランナー 本多亮之

無宗教での家族葬

「家族だけで葬儀をしてほしい」。それが父の遺言でした。私たちは一家で診療所を営んでおり、父は院長でした。特定の宗教には縁がなく、形式にとらわれない父だったので、家族と相談して、無宗教での家族葬にすることになりました。

自宅は診療所を兼ねていたので、父が亡くなった時、真っ先に伝えたのは「診療所は命を癒す場所だから、町の人たちには知られず、自宅に父を連れ帰ってやりたい」という希望です。するとアーバンフューネスの皆さんは、喪服ではなく作業着で来て、深夜にひっそり自宅へ安置してくれました。

父を囲んだ家族だけの「食事会」

父を囲んだ「食事会」

葬儀の打ち合わせの中で、父の思い出を尋ねられました。でもうちは、母も長男の私も交代で診察にあたっていたため、家族旅行に行ったことはなく、全員で食卓を囲んだ思い出もほとんどありません。エンディングプランナーの本多さんに頼んだのは、「堅苦しい儀式はせず、最後に家族だけでゆっくり過ごしたい」ということでした。すると本多さんは、父を囲んだ「食事会」を提案してくれました。

自宅のリビングのような空間で

自宅のリビングのような空間で

お通夜当日の斎場には、祭壇の代わりに父の写真や、父が趣味で描いていた絵画がきれいに飾られていました。ホールの中央には父の眠る棺があり、その周りにはソファとテーブル。BGMは、父がよく聞いていた音楽でした。私たちは自宅のようにくつろいで食事とお酒を楽しみ、父の思い出話をしながら、明け方まで語り明かすことができました。

形式ではなく、心で送った証

家族が父の近くに集まり、手を合わせる

翌朝から仕事があったので、告別式も朝早く設定してもらいました。とはいえ、特別なことはせず、全員が集まり、父を囲んでお茶を飲みながらゆっくり過ごしました。落ち着いたところで、出棺の時間に。花や愛用品を棺に納め、見送る時に、皆の目からこの葬儀で初めて涙が流れました。思い返せば、家族が父とこんなにゆっくり過ごせたのは最初で最後だったかもしれません。「家族が父の近くに集まり、手を合わせるだけで十分。むしろそれが父らしい」。そう思って、あえて何もしなかったからこそ、ゆっくり過ごすことができたと思います。皆の涙は、心で送った証だと実感しました。

内容とお写真は、ご葬家様、会社様のご許可をいただいて掲載しております。

一覧にもどる

ラインで送る

VISA MasterCard JCB DinersClub AmericanExpress