ダンディーな父の
最後の願いを叶えるために

淡い明るい色の花祭壇

ダンディーでお洒落な父だったので、白木の祭壇より花祭壇のほうがイメージに合うと思いました。花の色は、男性ですが湿っぽいことが嫌いだったので、淡い明るい色でお願いしました。

スタイリッシュな花器を
使った祭壇でした

スタイリッシュな花器を使った祭壇

祭壇の色は、こちらの希望をお伝えしましたが、祭壇周りの供花の配色は、エンディングプランナーさんにお任せしたところ、色の濃い明るい花を使いスタイリッシュにアレンジしてくれました。花を生ける器も今までのお葬式で見たことのない形で、父に似合っていると、親戚からも好評でした。

父との旅の思い出が
いっぱいの空間でした

思い出コーナー

父とはさまざまな場所へ旅行に出かけました。特に病気が発覚してからは、父が行きたい場所を指定するようになり、短い間でしたが非常に濃い時間を過ごすことができました。
エンディングプランナーさんに旅行の時の写真を渡したら、写真をパネルにまとめてくれ、斎場の入り口に飾ってくれました。家族にとって、来てくださった人たちにも父のダンディーな姿を知ってもらうことができ、父との思い出を振り返るきっかけになりました。

「東京タワーが見たい」
父の最後の願い

東京タワーのオブジェ

父がしたいこと、家族がしてあげたいことは、生前にほぼやりつくしていました。でも1つだけ、残念なことがありました。亡くなる少し前、父は「東京タワーが見たい」と言いましたが、その願いは叶わず他界してしまったんです。私がエンディングプランナーさんにその話をしたら、東京タワーのオブジェを棺の近くに飾ってくれました。

はなむけに大好きだったお酒を

大好きだったお酒を献酒

お通夜の後、家族で棺の周りに集まり、祭壇に映し出された東京タワーの影を眺め、たくさん、たくさん、父の思い出話をしました。担当のエンディングプランナーさんにすすめていただき、式の最後に大好きだったお酒を献酒してあげることもできました。慌しいお葬式ではなく、しっかりと父のことを思い出す時間があるお葬式だったので満足しています。

担当エンディングプランナーより

担当エンディングプランナー

奥様と娘様との想いがひとつに

ご家族は「お父さんが、いつでも帰って来ることができるように、骨壷に自宅の鍵を納めたい」とおっしゃるほど、お父様への愛情があふれていました。 お打ち合わせの中で、亡くなったお父様を含め、ご家族同士がお互いを大切に思っていることを強く感じたので、いつまでもその気持ちが続くきっかけになる葬儀にできればと、精一杯お手伝いさせていただきました。

内容とお写真は、ご家族様のご了承を得て掲載させていただいております。

家族葬プランを見る

ご葬儀エピソード一覧にもどる

花祭壇事例

アーバンフューネス4つの特長

1
すべての費用を契約前に
2
自社社員で安定した品質
3
ご葬儀前後も無料サポート
4
想いやご要望に合ったお葬式

特長を見る

「最期何かしてあげたい」「こんなことはしてもいいの?」など小さな疑問や想いにもお応えいたします。お気軽にご相談ください。

ラインで送る

※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。
※2018年6月27日にプラン改訂を行っております。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せくださいませ。
フリーダイヤル0120-72-2195、24時間365日対応

VISA MasterCard JCB DinersClub AmericanExpress

オンライン相談室接続ナンバー発行ボタン