葬儀の追加費用が気になる方へ 葬儀の追加費用が気になる方へ

形見のリンゴが
教えてくれた母の愛情

担当エンディングプランナー 小野崎敦

明るい色の花を使った花祭壇

母は、治療のために上京するまで長野で農家をしていました。長い間、自然に囲まれた生活をして、いつも明るい母だったので、お葬式も白木の祭壇ではなく、明るい色の花を使った花祭壇にしました。

明るく、華やかな祭壇でした

明るく、華やかな祭壇

葬儀を出した経験がなかったので、花祭壇のイメージがわかず、エンディングプランナーの小野﨑さんに「明るく華やかなイメージで」と伝えたところ、ピンクの花をうまく使用して、とても女性らしく仕上げてくれました。

また、母は自然の中で生活していたので、花だけでなく木の枝を使うことで、母らしさを表現してくれた細かい気配りに心が温かくなりました。

悲しさをやわらげてくれた
思い出コーナー

思い出コーナー

数は少なかったのですが、母の昔の写真や家族で撮った写真、長野の実家の写真があったので、小野﨑さんに渡したところ、組み合わせてパネルに加工してくれました。

祭壇や斎場に飾られた写真パネルは、親戚にも好評で、母が元気だった頃の話を皆でしているうちに、悲しい気持ちが少しずつですが、やわらいでいきました。

リンゴの味とともに振り返る
母の人生

母が作ったリンゴ

母は、朝から畑や田んぼで作業し、夜は繭から糸を取る生活を一生続けてきた働き者で、一時退院すると畑へ向かうほど、闘病中も畑のことを気にしていました。そんな母だったので、葬儀では母が作ったリンゴを祭壇に飾り、最後に皆で食べました。

形はいびつでしたが、葬儀で食べたリンゴから、精一杯生きた母の人生と家族への愛情を感じることができました。

内容とお写真は、ご葬家様、会社様のご許可をいただいて掲載しております。

一覧にもどる

ラインで送る

VISA MasterCard JCB DinersClub AmericanExpress