終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬の増加で、葬儀の参列者は少人数化へ

家族葬の増加で、葬儀の参列者は少人数化へ

share:

家族葬 花入れ

少人数の家族葬が5割を超える

参列者の人数は、少人数化へと向かっています。首都圏の葬儀に関する情報を発信するエンディングデータバンクによると、参列者が19人以下の割合は、2012年から2014年まで40%台で推移していましたが、2015年からは50%を超えました。

参列者 人数 2012-2016

この要因は、家族や親族、故人と親しかった友人が参列する、家族葬と呼ばれる規模の葬儀を行う方が増えているからです。

家族葬が増えている要因は、社会の変化にあります。首都圏では核家族化が進み、地域社会とのつながりが薄れた結果、近所の方々を葬儀に呼ぶ方は減っています。

また、故人の高齢化も進み、故人と生前にご縁のあった方も高齢になったり、逝去していたりして、参列できないという事情も増えています。

このほかにも、葬儀を行う方の意識の変化も影響していると考えられます。「身内だけでゆっくりと偲びたい」「葬儀に費用がかけられない」といった方が増えているからです。

参列者が「30人以上」の割合は、2012年から2014年にかけて減少の傾向にありましたが、2014年から2016年にかけて、横ばいで推移しています。

「少人数でお別れをしたい」という方が増えている一方で、「故人と付き合いのあった近所の方や会社関係の方には、最期にお別れしてもらいたい」と考える方が、一定の割合で存在することが、この数字から読み取れます。

家族葬について詳しく調べる

参列者の人数 2012年‐2016年

  10人未満 10~19人 20~29人 30~39人 40~49人 50人以上
2012年 16.2% 26.8% 18.0% 11.4% 4.9% 22.7%
2013年 17.3% 27.1% 19.2% 11.3% 6.1% 19.0%
2014年 16.5% 27.8% 21.1% 11.9% 5.7% 17.0%
2015年 19.9% 30.2% 19.3% 9.3% 4.5% 16.7%
2016年 20.5% 30.7% 15.9% 10.9% 5.6% 16.5%

家族葬について詳しく調べる

ご葬儀をもっと知りたい方へ