終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 読売新聞が記事にした葬儀社の会員制度で得られる本当のメリットは?
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

読売新聞が記事にした葬儀社の会員制度で得られる本当のメリットは?

share:

葬儀の会員制度


読売新聞の2017年4月25日号に、『「1枚のカード」で安心感』というタイトルの記事が掲載されました。

「1枚のカード」とは、葬儀社の会員証のことです。この記事を書いた記者は、父のために墓を買ったとき、墓の購入者募集をしていた葬儀社に勧められ、入会したそうです。

この記者が葬儀社の会員になった理由は、「いざという時、電話一本ですべて任せられる安心感」だったそうです。

葬儀社は、24時間365日いつでも対応しています。連絡が入れば、指定の場所まで寝台車で迎えに行き、故人を安置する場所まで連れて行きます。

打ち合わせでは、菩提寺と付き合いのない方に僧侶を紹介し、斎場や火葬場を予約します。葬儀の当日は、料理や会葬返礼品を用意し、参列者の案内や、式の進行を行います。

もちろん、葬儀社の会員制度に入会していなくても、同じサービスを受けることはできますが、会員になることで得られる安心感があります。

読売新聞の記者は会員になり、会員証を財布に入れて持ち歩くことで、気持ちの準備ができたそうです。記事でも「いずれ訪れる親や自分の最期について考える意味で、利用価値がある」という考えを示しています。

従来は、「生前から葬儀について考えるのは縁起でもない」という方が多かったのですが、最近では「万が一の時に、冷静に考える余裕がないので、あらかじめ葬儀について検討しておきたい」という方が増えています。

首都圏の葬儀に関する情報を発信するエンディングデータバンクによると、葬儀を依頼した方のうち、85%の方(※)が生前に葬儀の相談を行っていることからも伺えます。

読売新聞の記事では最後に、「葬儀社でプランや費用について聞くだけでもかまいません。ウェブサイトでも情報は得られます。(中略)葬儀社を訪ねたり、インターネットで調べたりしてみてください」と訴えています。



インターネットで葬儀社を探す際に重要なポイントは、家族の要望に合った葬儀を行う姿勢と、サービスの品質があるかどうかを見極めることです。

そのためにも、すぐ1社に決めるのではなく、4社ほど資料請求を行い、そのうち2社のスタッフと直接会って相談してみることです。

多くの葬儀社は、無料の出張相談を行っているので、自身の目で要望に合った葬儀を行ってくれる葬儀社か、サービスの品質が高い葬儀社かどうか、確かめましょう。

葬儀社をお探し方はこちら

※葬儀の対象となる方が、余命6カ月以内の宣告を受けている家族が対象

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-72-2195

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

    実際の葬儀の費用がわかる
    最近の葬儀のプランがわかる

    詳細を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

終活メディア実際の葬儀の費用や、
最近の葬儀プランを知りたい!

全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド

葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

実際の葬儀の費用がわかる
最近の葬儀のプランがわかる

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀をもっと知りたい方へ