終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. マナー
  3. 服装
  4. 葬儀の化粧は控え目が基本。恥をかかないための葬儀メイクマナーとは?

葬儀の化粧は控え目が基本。恥をかかないための葬儀メイクマナーとは?

share:

葬儀メイク
葬儀の服装やアクセサリーにマナーがあるように、メイクにも葬儀にふさわしいマナーがあります。これは、遺族はもちろん、参列者にも当てはまることです。

派手なメイクは当然NGですが、だからと言ってノーメイクで参列するのもマナー違反です。シンプルかつ失礼ではない、葬儀のメイクとはどのようなメイクなのか解説します。

葬儀のNGメイクとはどんなもの?

まずは、葬儀の場にふさわしくないメイクを紹介します。

太すぎる眉や短すぎる眉は、どうしても活発な印象を与えるので、葬儀のような厳かな場にふさわしくありません。あくまでも、形を整える程度に留めましょう。

目元

「ぱっちり目」の、派手な化粧は避けましょう。パールやラメの入ったものや、グリーンやパープルなどの明るいアイシャドウは選ばないことです。つけまつげなども控えましょう。

明るい色をのせてツヤ感を出す「ハイライト」は、葬儀にふさわしくありません。血色を良くしたい方は薄めにチークを塗ります。ラメやパールが入ったもの、ピンクやオレンジなどの明るい色を濃く塗るのは控えましょう。

口元

口紅もチークと同様、ラメやパールの入っているもの、鮮やかな色は避けましょう。リップグロスなどツヤ感があるものも、避けた方が無難です。

ネイル

基本的にネイルは落としていきます。香典を渡す時や焼香の時に、どうしても目が行くところなので、爪が長すぎるのも考えものです。

その他

派手な印象を与えないように、高い位置で髪の毛をまとめるのは避けましょう。このほかにも、香りが強い香水も控えたほうが無難です。

葬儀にふさわしいメイクとは?

それでは、葬儀にふさわしいメイクはどのようなメイクなのでしょうか。それにはまず、できるだけ控え目でナチュラルな仕上がりを目指します。ベースメイクを作り過ぎないように、自然な感じを意識するとバランスが良くなります。

濃いベースを作ってしまうと、落ち着いた色のチークや口紅と比較してアンバランスな感じになってしまいます。

顔全体に化粧下地をつけ、肌質を整える程度にツヤ感のないファンデーションをつけます。その上から薄めのパウダーを付けていきます。

眉はペンシルタイプのもので描くと、はっきりした仕上がりになってしまいます。パウダータイプのアイブロウで整えるように描いていくと、自然な仕上がりの眉毛になります。落ち着いた色のアイブロウを選ぶようにしましょう。

目元

アイシャドウを付ける場合はベージュ系・ブラウン系の目立たない色を使います。塗り過ぎには注意が必要ですが、ベージュ系はアイホール全体に塗っても大丈夫です。

アイラインやマスカラは、涙で落ちてしまうことがあります。そのため、葬儀の際はウォータープルーフタイプのものを使用することをお勧めします。マスカラやアイラインは細く切れ長の目を意識して、目尻部分のみにつけます。

基本的にチークを塗る必要はありません。血色を良くしたい方などは、肌に近い色を薄くぼかすように塗ります。頬の色が濃いだけで、明るい印象を与えてしまうので、慎重に塗りましょう。

口元

口紅はつけないと不健康に見えてしまうので、ある程度はつけていきます。葬儀メイクで唯一と言っていい、色味を加えられる部分です。基本はベージュ系のナチュラルなものを使用します。

ネイル

爪はキレイに切って整えておきましょう。ネイルをしている方は、できれば落とすのが望ましいです。ジェルネイルなど、すぐに自分でネイルを落とせないという方は、ベージュ系のマニキュアを上から塗る方法をお勧めします。

お気に入りのネイルアートやラインストーンが付いている場合は、葬儀用の黒いレースの手袋をして隠すのも一つの方法です。

ただし、食事や焼香の時は、手袋を外さないといけないので、あくまでも一時的な対処でしかないということを理解しておきましょう。

その他

女性の方で髪の毛が長い場合は、邪魔にならないようにまとめます。前髪が長い場合はピンなどで留めておきます。髪留めはシンプルで落ち着いた色のものを使用します。色は黒が望ましいです。

一般的に耳より上でまとめるのが慶事、耳より下でまとめるのが弔事と言われています。間違っても、華やかな印象を与えるまとめ方を選ばないようにしましょう。



葬儀では、故人や家族に配慮することがマナーです。哀悼の気持ちを表すために、メイクは大切な要素です。「ラメやパールは使用しない」「派手な色は避ける」など、葬儀メイクのポイントを抑えてメイクをしましょう。

葬儀のマナーについて相談ができる葬儀社をお探し方はこちら

関連記事「家族葬の服装マナー」を見る

ご葬儀をもっと知りたい方へ