終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. マナー
  3. 服装
  4. 葬儀のスーツやワンピース、アクセサリーのマナーとは?
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀を考え始めた方へ

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

葬儀のスーツやワンピース、アクセサリーのマナーとは?

share:

知っておくべき葬儀時の服装マナーについて

第一印象は服装で決まると言っても過言ではありません。特に、しきたりやマナーが求められるご葬儀では、個性やおしゃれという観点ではなく、その場の雰囲気にふさわしい服装を選ぶようにしましょう。

男性の着用すべき服は、光沢のないデザインが基本

男性は、ダークスーツかブラックスーツを着用するのが一般的です。和装は正喪服にあたるため、着用する方は喪主など、故人様のご家族になります。そのため、参列者は正喪服よりも格式が下の準喪服となる、ダークスーツかブラックスーツを着るのがマナーです。

スーツの下に身に付けるシャツは、白色で無地のもの、ネクタイは黒いものが望ましく、ネクタイピンは付けません。靴下も黒で統一して、光沢の無い地味なデザインで統一するようにしましょう。

アクセサリーについても、あまりに派手なものだと場違いとなってしまいます。男性の場合は特に、派手なデザインの腕時計には注意しましょう。若い男性の中には、ピアスをしている方もいると思いますが、こちらもご葬儀の場にそぐわないため、参列中は外しておくなどの配慮が必要です。

ダークスーツかブラックスーツに着替える時間がないという場合、ダーク系統の色で光沢のないスーツや身なりならば良いとされている所もありますが、やはりダークスーツかブラックスーツに着替えてから参列するのが無難です。ネクタイもダークな寒色系のものに限ります。

女性の着用すべき服は、肌の露出を控える

女性の場合は、ワンピースでもアンサンブルでもスーツでも、どれも準喪服になります。また、略喪服は、地味なデザインのワンピースなどがそれにあたります。

女性が服装を選ぶポイントは、肌の露出が少ないものです。胸元を開けたようなファッションはもってのほかで、スカートならば黒のストッキングを着用した方がよいでしょう。

アクセサリーも男性と同様に派手なものは避けるべきで、パールのアクセサリーが一般的です。パールは涙を表すとされているからです。

髪型はすっきりと結わえられている方が望ましく、ヘアアクセサリーは黒いリボンや地味な色のバレッタなどを選びましょう。女性の場合はこのほかにも、香水は避けたほうがよい、柄の入っていない無地のものを身に付けるのが無難など、気を付けるべきことも多いので注意が必要です。

知っておくべき葬儀時の服装マナーについて

殺生を思わせるアクセサリーは身に付けない

これは男女に共通して言えることですが、動物の革を用いたバッグなど、殺生を想像させるようなものは基本的には身に付けるべきではありません。黒系の色の物に統一して地味な物を選ぶようにしてください。

特にヘビの革がデザインになっているものや、クロコダイルの革でできているバッグなどは、どうしても目に付きますので使わないようにしましょう。ベルトなどの場合は、あまり見られることもありませんので革製のものでも大丈夫ですが、それでも派手な柄は避けるべきです。
知っておくべき葬儀時の服装マナーについて

持ち物で気を付けるべきことは?

ご香典を包む袱紗(ふくさ)には、紫や藍、グレーなどの寒色系を選びましょう。この中でも、紫が一般的です。手袋は黒い布製のもの、ハンカチは無地の白か黒のフォーマル用を選ぶようにしましょう。柄が入っているハンカチは避けてください。

傘も黒系を選ぶのが無難です。女性の場合は日傘を差すかもしれませんが、こちらも黒を選びましょう。黒以外では、グレーや紺でも問題ありません。

知っておくべき葬儀時の服装マナーについて

「平服でお越しください」の意味とは?

お焼香や読経などの宗教儀礼のない無宗教葬や、ご葬儀の後にホテルやレストランなどで行われるお別れ会の場合、訃報や案内状に「平服でお越しください」と書かれていることがあります。

ここでいう平服とは、正礼装ではない服装を意味しています。どのような服装でも自由に選べるというわけではありません。一般的に、ご遺族よりも高い格式に該当する服装で参列することはマナーに反しており、準喪服や略喪服を着るべきであるとされています。無宗教葬やお別れ会の場合であっても、カジュアルになりすぎない服装を選びましょう。

まとめ

男性ならばダークスーツやブラックスーツが、女性ならブラックのフォーマルなワンピースやアンサンブル、スーツが準喪服と略喪服に当たります。しきたりやマナーが重視されるご葬儀では、準喪服や略喪服を選ぶことをお勧めします。

葬儀の服装について相談ができる葬儀社をお探し方はこちら

関連記事「葬儀のメイクマナー」を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-72-2195

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

    実際の葬儀の費用がわかる
    最近の葬儀のプランがわかる

    詳細を見る

ご葬儀を考え始めた方へ

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

終活メディア実際の葬儀の費用や、
最近の葬儀プランを知りたい!

全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド

葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

実際の葬儀の費用がわかる
最近の葬儀のプランがわかる

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀をもっと知りたい方へ