終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 火葬・収骨 | 葬儀の流れ

11/30最新情報

新型コロナウイルスがご心配な方へ

感染防止を第一に考えたご葬儀について

火葬・収骨 | 葬儀の流れ

4万件以上の相談実績から誕生した
「はじめての葬儀ガイド」無料プレゼント

以下のようなことについてお困りの方は、ぜひご活用ください。

  • 葬儀の流れや何を準備しておけばいいかが分からない
  • どこで葬儀をあげれば良いか葬儀場の探し方が分からない
  • 費用はどのくらいを用意する必要があるのか、見積もりが欲しい

すぐに使える葬儀費用が最大5万円も割引になる得割クーポンがつくなど、いざという時に役立つ情報が満載です。葬儀をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

火葬・収骨 | 葬儀の流れ

遺体を火葬し、焼骨を骨壷へ納めます。

火葬から収骨までの流れ

火葬・収骨
  1. 僧侶の読経
  2. 親族、関係者の焼香
  3. 火葬炉へ(荼毘)
  4. 控え室で待機
  5. 喪主から順に骨上げ(収骨)します
  6. 遺骨を持参して帰宅

必要書類・手続き

  • 火葬許可証を火葬場へ渡す(葬儀社が代行します)
  • 埋葬許可証を火葬場からもらう(納骨時に必要な書類のため、管理は厳重に)
  • 分骨して複数のお墓に納骨する場合は、その数だけ火葬場から分骨証明書を発行してもらいます

ワンポイント

分骨する場合は、葬儀社にその旨を事前に伝えておけば、分骨用の骨壷を別に用意してくれます。分骨した骨壷を別の場所に納骨する場合、火葬場より分骨証明書を発行してもらう必要があります。

葬儀の基礎情報

関東と関西で違う! 骨上げ(収骨)とは?

欧米の火葬が遺骨の原型が残らない「骨灰」にするのに対して、「骨上げ」(「収骨(しゅうこつ)」「収骨(しゅうこつ)」とも呼ばれます)は日本独自の慣習です。

関東の収骨は、お骨を全て骨壺に収める全部収骨です。関西の収骨は、お骨の一部を骨壺に収める部分収骨です。そのため、関東の骨壺は関西に比べて大きい傾向にあります。関東の骨壺は一般的に7寸(2号とも呼ぶ)を使用します。

骨壷のサイズ

関西では本骨と胴骨の2つに分けて収骨します。本骨は地域によって異なり、喉仏のみ、喉仏と頭の骨の一部、喉仏と手足の指の関節などを指す場合があります。本骨以外を胴骨と呼びます。
寺院の本山が多い京都や奈良に近い大阪では、菩提寺の本山に本骨を納め、自分たちのお墓に胴骨を納めるという風習があります。現在では、本骨のみを2寸の骨壷に納める方が多いようです。胴骨を納める場合は、5寸の骨壷を使用します。

最近では生前に自分の希望する骨壷を用意する方もいます。ただし、一部の民間火葬場では指定の骨壷でしか受付けてもらえないこともあります。

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ