終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス葬儀社アーバンフューネス

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 葬儀で家族がやることは? 葬儀社のサポートはお葬式のどこからどこまで?

8/15最新情報

新型コロナウイルスがご心配な方へ

感染防止を第一に考えたご葬儀について

葬儀で家族がやることは? 葬儀社のサポートはお葬式のどこからどこまで?

葬儀社がやること

いざ葬儀を行う必要にせまられたとき、家族は何を準備し、葬儀社はどこからどこまでサポートしてくれるのか、わからない方も多いのではないでしょうか。

葬儀のどこからどこまでが家族で行い、葬儀社がサポートするのかを紹介します。

大切な人が亡くなったら、家族が行う3つのこと

大切な方が亡くなると冷静ではいられないものですが、気をしっかり持って次の3つのことを行いましょう。

逝去の連絡を親族や親しい方へ入れる

臨終に立ち会えなかった親族や親しい友人へ連絡します。すぐに駆けつけてほしい方には、深夜・早朝に連絡しても、失礼にはあたりません。

それ以外の方には、故人を安置して、葬儀の日程が決まってから連絡したほうがいいでしょう。

また、遠方ですぐに駆けつけられない方であっても、故人とご縁の深い方には、逝去の連絡をしましょう。

誰に、どのタイミングで連絡するかは、故人とのご縁の深さによります。あらかじめ、連絡する方のリストを作成しておけば、万が一のときに慌てることがありません。

医師から死亡診断書を受け取る

医師が逝去したことを確認すると、死亡診断書を発行します。この死亡届は市区町村の役所に提出し、火葬する際に必要な火葬許可証を発行してもらうために必要な書類です。

葬儀後には、生命保険の受取り、銀行口座の名義変更、年金の停止など、様々な手続きで死亡診断書のコピーが必要になります。あらかじめ、何枚かコピーを取っておけば、葬儀後の手続きもスムーズに行えます。

葬儀社に連絡する

病院で逝去した場合は、病院から2、3時間で故人の移動を求められことがあります。故人を移動するために、葬儀社に連絡しましょう。専用の寝台車で迎えにきてくれます。

逝去の時点で決まった葬儀社がない場合は、病院が葬儀社を紹介してくれますが、搬送した葬儀社に、葬儀まで任せる必要はありません。

一旦は故人を安置した後、予算やプランを検討した上で、納得のいく葬儀社を探して、葬儀を依頼することをおすすめします。

葬儀社は葬儀当日まで、故人のケアから、宿泊先の手配までサポート

葬儀社が決まると、葬儀の担当者が家族にヒアリングをしながら、葬儀に必要な項目を整理し、葬儀の準備を進めてくれます。

家族がしなければならないことも、納得がいくまで教えてくれます。不安を抱えたまま葬儀を行わないためにも、わからないことがあれば、どんなことでも質問しましょう。

葬儀社がサポートしてくれること

  • 故人の安置、納棺
  • 故人の体のケア
  • 枕飾り、棺、祭壇などの準備
  • 死亡届の提出及び火葬許可の申請
  • 訃報の手配
  • 供花や供物の手配
  • 遺影の準備
  • 式場設営(花祭壇の設営や受付の設置など)
  • 斎場や火葬場の予約
  • 会葬礼状、返礼品の手配
  • 会葬者にふるまう料理の手配
  • 霊柩車やマイクロバスなど交通手段の手配
  • 会葬者への案内板設置
  • 遠方から参列する方が宿泊するホテルの手配

このほかにも、仏式の葬儀を希望の方で、菩提寺との付き合いがない方は、希望の宗派に合わせて僧侶の紹介を受けることができます。

葬儀の内容は、家族が主導で決める

葬儀社は、葬儀を迎える当日まで、ほぼすべての手配や実務を担当してくれるようですが、葬儀の内容に関する決定権は喪主や家族にあります。

葬儀後に、「こんなはずでは」と後悔しないためにも、生前から考えておくことをおすすめします。

コロナ禍に対応したお葬儀

昨今では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、感染対策として、葬儀の参列者を減らしたり、近しい親族のみで行う方が増えています。

それに伴い、通夜を行わない1日葬(告別式と火葬の1日だけの家族葬)、後日葬儀(火葬だけを近親者で行い、その後改めて葬儀を行う葬儀)などあらゆる形での葬儀が行われています。

また感染防止の観点で通夜ぶるまいをなくす代わりに参列者の方にカタログギフトをお渡ししたり、式場などではなく、自宅で精進落としを用意したり形は様々です。

別記事「コロナ感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」に対応した葬儀と斎場」にてコロナ禍での葬儀の現状や、マナーについて詳しく紹介しています。併せてご覧ください。

家族が行うこと

  • 葬儀の規模、予算、プランの決定
  • 親族や親しい友人へ参列の案内をする範囲の決定と連絡
  • 参列者及び参列する親族の人数決定
  • 供花、供物の確認
  • 席次、焼香順の確認
  • 会葬礼状、返礼品の確認

市区町村の役所で行う、死亡診断書の提出や火葬許可証の受け取りなどは、葬儀社が代行します。

お通夜・葬儀当日に家族がやるべき最も大切なことは挨拶

お通夜・告別式で、喪主や家族が行うべき最も大切なことは、参列者への挨拶です。

お通夜や葬儀・告別式の進行や、参列者の案内は、葬儀社が担当します。喪主や家族は、故人に最期のお別れをするために、駆け付けてくれたことにお礼を伝え、葬儀の締めくくりや、通夜ぶるまい、精進落としの席などで、しっかりと挨拶しましょう。

葬儀社によっては、葬儀が終わった後も無料サポート

葬儀社は、お墓や仏壇などを取り扱う企業とつながりがあり、供養にまつわることならあらゆる相談に対応できる体制が整っています。

最近では、葬儀からお墓、仏壇、手元供養だけでなく、相続や遺品整理などの相談にも、無料で応える葬儀社があります。弁護士など士業に相談する前に解決することもあり、余計な出費を抑えることもできます。

故人と付き合いのあった会社関係や近所の方への挨拶の方法、葬儀後に行うべき役所への手続き、高額な香典を頂いた方への香典返しのマナーに関する疑問から、お墓や霊園、仏壇・仏具、法要、相続に関することなど、わからないことがあれば相談してみましょう。

信頼できる葬儀社は、喪主や家族のパートナー

葬儀社は、専門知識でしっかり喪主や家族をサポートしてくれます。大切な方とお別れした後で、精神的な余裕がない喪主や家族にとって、葬儀社は大切なパートナーといえる存在です。

喪主や家族の想いに寄り添ってくれる葬儀社が見つかると、事務的な心配をせず、参列者への対応に集中することができます。

「葬儀後のサポートも任せたい」と思える葬儀社に出会うためにも、時間のない中でも、複数社から見積もりを取り、葬儀社の担当者に会って相談することをおすすめします。

相談では、疑問点をうやむやにせず何でも質問して、葬儀社の対応を見極めましょう。

葬儀社をお探し方はこちら

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ