終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス葬儀社アーバンフューネス

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬はお通夜をしなくていいの? お通夜をしない人の理由とは?

9/22最新情報

新型コロナウイルスがご心配な方へ

感染防止を第一に考えたご葬儀について

家族葬はお通夜をしなくていいの? お通夜をしない人の理由とは?

家族葬のお通夜
家族葬は、家族や親族、親しい友人など、故人と親しい人たちだけでお別れをする葬儀のスタイルです。

家族葬の流れは、1日目の夜にお通夜を行い、2日目の午前に告別式を行う、2日間のお別れが一般的ですが、最近ではお通夜を行わない方もいます。このようなお別れのかたちを1日葬と呼びます。

そもそも、お通夜とは、葬儀においてどのような意味がある儀式なのでしょうか。家族葬でお通夜を行わないと決めた方の理由は何でしょうか。

4万件以上の相談実績から誕生した
「はじめての葬儀ガイド」無料プレゼント

以下のようなことについてお困りの方は、ぜひご活用ください。

  • 葬儀の流れや何を準備しておけばいいかが分からない
  • どこで葬儀をあげれば良いか葬儀場の探し方が分からない
  • 費用はどのくらいを用意する必要があるのか、見積もりが欲しい

すぐに使える葬儀費用が最大5万円も割引になる得割クーポンがつくなど、いざという時に役立つ情報が満載です。葬儀をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

斎場で行う葬儀が一般的になり、お通夜の意味合いが変化

お通夜は、家族や親族が、故人と最期の夜を過ごすお別れの儀式です。本来は、故人が目を覚ますことを願い、一晩中、線香の火を絶やすことなく、故人の思い出を語り合う時間でした。

しかし、時代の変化とともに、お通夜の意味合いも変わってきました。変化した理由のひとつは、葬儀を行う場所が、自宅から斎場へと移ったことにあります。

多くの斎場は、防災上の理由から、線香を絶やさない「寝ずの番」を認めていません。また、宿泊できる斎場も限られています。その結果、故人と一緒に最期の夜を過ごす家族が減っています。

また、お通夜に会社関係や近所の方も参列するようになったため、一般の方が参列しやすいよう、夕方の6時や7時から始まる「半通夜」が一般的になりました。

家族葬でお通夜を行わない3つの理由

家族葬に参列する方は、家族や親族など身近な人たちです。そのため、葬儀に家族の考えを反映しやすく、「寝ずの番をしない」「一般の方も参列しない」のであれば、お通夜を行わないという家族もいます。

また、次に紹介する3つの理由から、家族葬でお通夜を行わないという家族も増えています。

参列者の都合が合わない

故人の家族や親族が、遠方から参列したり、仕事の都合でどうしてもお通夜と告別式に参列できない場合に、お通夜を行わないことがあります。

参列者の負担を抑えたい

高齢の参列者が多い場合に、お通夜を行わないことがあります。斎場までの移動や、長時間の参列が、体の負担になるからです。

葬儀の費用を抑えたい

お通夜にかかる費用を抑えたい場合に、お通夜を行わないことがあります。お通夜を行わないことで、いくら費用を抑えられるのか、以下に紹介します。

費用を抑えながら、お通夜を行う方法もある

お通夜を行わなかった場合、行った場合と費用はどう違うのか、参列者が10名だった場合の家族葬で比べてみましょう。

比べる項目は、家族葬の費用の8割を占める、花祭壇、斎場使用料、お布施、料理、返礼品、棺、配膳人の7項目です。


花祭壇:±0円
返礼品:±0円
棺:±0円
斎場使用料:±0円
葬儀社が手配した僧侶のお布施(お車代・お膳料):-10,000円
お通夜料理(お清め):-32,400円
人件費(配膳スタッフ):-16,200円
合計:58,600円

花祭壇、返礼品、棺、斎場使用料は、費用の差がありません。斎場使用料に差がないのは、告別式だけを行うにしても、花祭壇などを用意にするために、前日から使用する必要があるからです。

葬儀社が手配した僧侶の場合は、読経が1日だけになるので、お布施に含まれている2日分のお車代10,000円が半分の5,000円、2日分のお膳料10,000円も半分の5,000円になり、合せて10,000円がマイナスになります。なお、菩提寺とお付き合いのある方は、菩提寺にお布施を確認しましょう。

お通夜料理は1人前3,240円なので、用意しない場合は10名分32,400円がマイナスになります。また、配膳スタッフを手配する必要がないので、1名分16,200円がマイナスになります。

この結果、お通夜を行わなかった場合の費用は、行った場合と比べて58,600円のマイナスになります。

遠方から参列する親族の宿泊費を家族が負担する場合は、さらに宿泊費も抑えることができます。



葬儀を行う上で、家族が大切にしている想いにかなっているのかどうかが、故人を偲ぶ心持ちにも影響します。

葬儀を行う上で、家族が重視するポイントは、故人をゆっくり偲ぶこと、参列者に配慮すること、葬儀の費用を抑えること、その人らしく見送ることと様々です。

費用を抑えながらも、故人をゆっくり偲ぶ時間を過ごすことはできます。参列者が身内だけなら、お布施(お車代・お膳料)がプラス10,000円になるだけで、お通夜を行う方法があるからです。参列者が身内だけなので、おもてなしの意味で用意する、お通夜後の料理を手配しなければいいのです。

お通夜を行うかどうか迷ったときは、何を重視するのか今一度考えた上で、葬儀社に相談してはいかがでしょうか。

家族葬について詳しく調べる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ