終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 家族葬と一般葬は何が違う? 家族葬のメリット・デメリットも紹介

家族葬と一般葬は何が違う? 家族葬のメリット・デメリットも紹介

share:

家族葬と一般葬の違い


家族葬は、身内や親族、ごく親しい友人などを中心に、少人数で行う葬儀です。

従来の密葬とは、限られた人だけで送るという点では同じですが、密葬はお通夜と葬儀・告別式を行った後、日を改めて一般の参列者を招いて行う本葬とセットで行われる葬儀のスタイルです。一方、家族葬はお通夜と葬儀・告別式の2日間で完結する葬儀のスタイルです。

ご近所や親類縁者といった地縁・血縁の希薄化や、「故人の遺志や遺族の思いを反映できる葬儀を行いたい」という、形式にこだわらない方が増えたことで、家族葬は時代の流れとともに、年々増加しています。

一方で、家族葬は新たに生まれた葬儀のスタイルだけに、家族と参列者で認識のずれがあったり、家族と参列できなかった方との間でトラブルに発展するケースも見られます。

家族葬にするか、一般葬にするかと迷っている方のために、ふたつの葬儀の違いと家族葬のメリット・デメリットについてまとめました。

一般葬と比べてどこがいい? 家族葬ならではの3つのメリット

家族葬は、会社関係や近所の方など、一般の方が参列する従来の葬儀にはないメリットが3つあります。

葬儀の内容を比較的自由に決められる

家族葬は、従来の葬儀とほとんど内容は変わりませんが、故人や家族と親しい方だけが参列するため、「こんな家族葬にしてほしい」という故人の遺言や、遺族の「こんな家族葬で送りたい」という希望をかたちにしやすい葬儀のスタイルです。


故人とゆっくりお別れができる

一般葬の場合、家族は故人を失った悲しみの中で葬儀を取り仕切り、参列者の対応に追われ、故人とゆっくりお別れすることができなかったことを悔やむ方も少なくありません。その点、家族葬には身内や親族、親しい友人でお別れするので、ゆっくり故人を偲ぶことができます。


葬儀の準備の時間を減らせる

一般葬では、急なお別れで気持ちの整理がつかないまま、予想される参列者の人数を踏まえて会場や食事を手配し、香典返しなどの準備を整える必要があります。家族にとって、精神的な負担を増すことにもなりかねません。

一方の家族葬は、身内や親族、親しい友人しか参列しないため、準備にかかる時間が格段に減ります。周囲に気を遣うことなく、故人のことを考えて葬儀当日を迎えられる点は、大きなメリットです。


良いことばかりではない? 家族葬のデメリット

家族葬ならではのメリットがある一方で、デメリットも存在します。

家族葬は、一般葬に比べて参列者が少ないため、葬儀の費用が抑えられると考える方が多くいます。しかし、参列者が限られているため、一般葬より香典の総額が減り、葬儀費用を賄えない場合があることに注意を払う必要があります。

また、親族や参列できなかった方とのトラブルが発生しかねないことも、デメリットのひとつです。

親族の中には、「お世話になった近所の人や会社の人も招かず、身内だけで葬儀を終えるなんて」と、家族葬を行うことに反感を持つ方がいる可能性があります。

家族葬が故人の遺志によるものであることや、なぜ家族葬を選んだのかということについては丁寧に説明しなければなりません。

さらに、「家族葬なので、参列は控えてほしい」と案内をしていても、葬儀当日になって「最期のお別れがしたい」とい方が、参列することがあり、慌てて返礼品や料理などの対応に追われることもあるでしょう。

基本的に、家族葬は香典も供物も供花も、受け取りを辞退し、その内容を訃報に記しますが、「弔問は断られたが、香典だけでも」と、香典を送る方もいます。香典を受け取った場合は、家族葬を終えた後に、香典返しを送りましょう。

家族葬のメリットとデメリットを比較した上で納得のいく葬儀を

一般葬にも、家族葬にも、それぞれメリットとデメリットがあります。一般葬との比較も踏まえて、納得のいく葬儀のかたちを選んでください。

家族葬について詳しく見る

ご葬儀をもっと知りたい方へ