終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 大切な方とのお別れまでの過ごし方とご葬儀の準備

大切な方とのお別れまでの過ごし方とご葬儀の準備

逝去までの故人との過ごし方と葬儀の準備

大切な方が旅立った場合、ご葬儀の準備に追われ、最期のお別れまでの過ごし方も思うようにいかないことが多々あります。お別れまでの時間を大切に過ごすためにも、ご葬儀の準備にどのような手続きが必要になるのかを事前に知っておく必要があります。後悔なくお別れの時を迎えられるように、しっかりと心の準備をしておきましょう。

逝去までの故人との過ごし方と葬儀の準備

余命宣告をされたら

お別れまでの時間を大切に過ごすために、その方にしてあげたいことを第一に考えましょう。葬儀社アーバンフューネスがご葬儀をお手伝いしたご家族の中には、元気なうちに温泉旅行に出かけたり、お見舞いの度に大好きなリンゴをジュースにして持って行ったりと、それぞれの想いをかたちにしています。

仕事が忙しく、ご家族と過ごす時間が少なかった方の場合は、ただ一緒にいることが大切な思い出になることもあります。

お別れまでの時間は、大切な方にとっても、ご家族にとっても、特別な時間です。お互いに抱いていたわだかまりの気持ちが大きく変わることもあります。その気持ちの変化を素直に受け入れ、伝えることができたなら、これ以上はない大切な時間となるのではないでしょうか。

逝去までの故人との過ごし方と葬儀の準備

ご葬儀のお話しは元気なうちに

余命宣告を受けてからでは、「がんばっているあの人のことを考えると、お葬式のことは考えられない」というご家族がほとんどです。

だからこそ、大切な方が元気なうちに、ご葬儀について話し合いましょう。「シンプルに、親しい身内だけで見送る」「お世話になった方を呼んで、にぎやかなお葬式に」といったように、お互いの考えが合っていれば、いざご葬儀を決めなければならない段階で、「家族葬で見送りたいが、お呼びしなかった方に後で報告して失礼にはならないか」「火葬式でいいと言っていたが、皆さんをお呼びしてちゃんとお別れしたい」と、ご家族が悩むこともありません。

ご葬儀について話しをする際は、誰を呼ぶのか、呼ばないのか、明確にしておくことも大切なポイントです。

生前に葬儀社へ相談している方は8割

これまで、「生前に葬儀について考えるのは縁起でもない」と考える方が多くいました。

現在では、「万が一の時にどうすればいいのか分からない」「事前にどのくらい費用がかかるのか知っておきたい」といった理由から、生前に相談する方が増えています。葬儀社アーバンフューネスでは、ご葬儀をお手伝いしたご家族様の8割が、生前に相談されています。

「万が一」のことが突然訪れた場合、短時間で葬儀社を決めなければなりません。大切な方とお別れしたばかりでは、冷静に考えるのは難しいことです。

生前に複数の葬儀社から資料やお見積りを取り寄せて、ご葬儀を依頼する葬儀社を決めておけば、いざというときに慌てることはありません。

ご逝去までの故人様との過ごし方とご葬儀の準備

危篤のときにやるべきポイント 危篤の連絡

大切な方が危篤になったら、気持ちをしっかりもってお別れの準備をしましょう。まずは、臨終に立ち会ってもらいたい家族や親族に連絡し、その後、親しい友人や会社関係の方に連絡しましょう。大切な方が元気なうちに会いたい方を伺い、危篤を連絡する方のリストをあらかじめ作っておくと、スムーズに連絡できるだけでなく、訃報を案内するときにも役立てられます。

遠方の親戚で、たとえ駆けつけられなかったとしても、連絡しておいたほうがいいでしょう。親族であっても、大切な方と不仲であったり、絶縁に近い場合は危篤の連絡は必要ないでしょう。ただし、逝去されたことを知らせる訃報はご案内ください。ご葬儀後に、「どうして知らせてくれなかったのか」と責められる可能性があるからです。

危篤のときにやるべきポイント 着替えの用意

大切な方が病院に入院されている場合、故人様のお召し物は浴衣です。もし、お気に入りのお洋服に着替えて退院させたいとお考えであれば、お洋服をご用意しましょう。

逝去までの故人との過ごし方と葬儀の準備

危篤のときにやるべきポイント 現金の用意

病院によっては、退院時に精算が必要な場合があります。また、交通費や飲食代などために、ある程度の現金を手元に用意しておきましょう。

大切な方がご逝去されたことが銀行に伝わると、その方の銀行口座は凍結されて、引き出すことができなくなります。事前に暗証番号や印鑑の保管場所を確認し、いつでも引き出せる準備をしておきましょう。

なお、銀行にご逝去の情報が伝わる方法は、町内会の掲示板に訃報が掲示されるなど、いくつか考えられますが、死亡届の提出先である役所が銀行にご逝去の連絡をすることはありません。

ご逝去までの故人様との過ごし方とご葬儀の準備

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-54-7274

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

ご葬儀をもっと知りたい方へ