終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス葬儀社アーバンフューネス

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. ゴールデンウィークにお葬式はできる? 葬儀を行う斎場や葬儀社はやっている?

9/28最新情報

新型コロナウイルスがご心配な方へ

感染防止を第一に考えたご葬儀について

ゴールデンウィークにお葬式はできる? 葬儀を行う斎場や葬儀社はやっている?

ゴールデンウィークの葬儀
まもなくゴールデンウィークを迎えようとしています。会社によっては、最大で9連休のところもあります。

それでは、葬儀を行う斎場や葬儀社も、ゴールデンウィークは休みなのでしょうか。「万が一」の時は、いつ訪れるか分からないため、葬儀社は365日対応しています。ゴールデンウィークも例外ではありません。斎場も友引の日以外は開業しています。

ただし、ゴールデンウィークで葬儀を考えている方は、2つの理由から葬儀の日程を先送りにしたほうがいい場合があります。


4万件以上の相談実績から誕生した
「はじめての葬儀ガイド」無料プレゼント

以下のようなことについてお困りの方は、ぜひご活用ください。

  • 葬儀の流れや何を準備しておけばいいかが分からない
  • どこで葬儀をあげれば良いか葬儀場の探し方が分からない
  • 費用はどのくらいを用意する必要があるのか、見積もりが欲しい

すぐに使える葬儀費用が最大5万円も割引になる得割クーポンがつくなど、いざという時に役立つ情報が満載です。葬儀をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

先送りにする理由1 菩提寺のスケジュールが空いていない

菩提寺と付き合のある方は、まず菩提寺の都合が合うかどうか、確認する必要があります。菩提寺をないがしろにして葬儀を行った場合、菩提寺にあるお墓に入れない可能性があるからです。

ゴールデンウィークなので、お寺を不在にしていたり、法要の予定が入っていて都合が合わないことも考えられます。その場合は、無理にゴールデンウィークで葬儀を行おうとせず、菩提寺の都合に合わせましょう。


先送りにする理由2 参列してほしい方と連絡が取れない

ゴールデンウィークは、長期の旅行に出かける方も少なくありません。急な逝去の場合、どうしても参列してほしい方たちが旅行に出かけてしまい、連絡が取れないこともあり得ます。

特に、会社関係やご近所の方にも参列してもらう場合は、葬儀の連絡がいきわたりにくいので、ゴールデンウィークでの葬儀を避ける方もいます。

遺体の状態などの理由から、どうしてもゴールデンウィークに葬儀を行わなければならない場合は、火葬を終えた後に、遺骨で故人を偲ぶお別れ会や骨葬を行うことも可能なので、葬儀の日程でお困りの方は葬儀社に相談しましょう。


ゴールデンウィーク明けまで遺体の状態は保つことができる

逝去から葬儀まで期間が開くと、遺体が傷んだりしないか、心配する方もいるのではないでしょうか。

現在では、遺体の状態を長期間保つことができる2つの方法があります。ひとつは冷蔵の安置施設で休ませる方法です。

もうひとつは、エンバーミングの処置を施す方法です。エンバーミングとは、薬液などを使用し、遺体の状態を保つ科学的な処置のことをいいます。

故人を自宅に連れて帰って安置した場合でも、故人をドライアイスといっしょに納棺することで、2日間は遺体の状態を保つことができますし、その後に専用の安置施設へ移ることもできます。


ゴールデンウィークは、銀行や役所が休業になることも念頭に

銀行が休業になって困るのは、現金を引き落とせなくなることです。葬儀社に支払う葬儀の費用は、葬儀を終えてから支払えばいいのですが、病院の入院費やお布施など、その場で現金での支払いが求められるものがあるからです。ゴールデンウィークに葬儀を考えている方は、あらかじめ現金を用意しておきましょう。

ゴールデンウィークは、銀行だけでなく役所も休業します。役所に提出する死亡届は、葬儀社が代行するケースがほとんどですが、家族が届け出る場合は、休日・夜間受付に届けましょう。

役所に提出する死亡届には、本籍地を記入する欄があります。ゴールデンウィーク中は本籍地が空欄でも提出することはできますが、後日記入を求められるので、あらかじめ確認しておきましょう。死亡届に本籍地を記載しておくことで、その後の役所手続きもスムーズに進みます。住民票を取る際に本籍地の記載を希望すれば、本籍地を確認できます。



ゴールデンウィークであっても葬儀を行うことはできますが、菩提寺の都合を合わせたり、参列者へ連絡をいきわたらせることが難しい時期でもあります。

葬儀の日程調整でお困りの方は、何を優先するのか、考えを今一度整理してみてはいかがでしょうか。

葬儀の日程を相談できる葬儀社をお探し方はこちら

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ