終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by 葬儀社アーバンフューネス

終活メディア | 葬儀・終活の知りたい情報がある。

ニュース・コラムを探す
主要なカテゴリ

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 火葬式はどんな葬儀? 低価格でお別れの儀式も行える出棺式も紹介
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場
  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

火葬式はどんな葬儀? 低価格でお別れの儀式も行える出棺式も紹介

share:

火葬式
日本の葬儀は、9割が仏教葬です。

そのため、お通夜と葬儀・告別式を行う2日間で、僧侶による読経、家族・親族、参列者の焼香など、仏教の宗教儀礼を行うのが一般的でした。

しかし、時代とともに葬儀に対する価値観や宗教観が変化し、それに合わせて葬儀スタイルも多様化しました。

故人が高齢のため、参列する方も高齢であることから、負担にならないようにと1日だけの葬儀を希望する方は、1日葬という葬儀スタイルを選ぶようになりました。

信仰心がない、僧侶に渡すお布施を用意できないといった理由から、宗教儀礼のない葬儀を希望する方は、無宗教葬という葬儀スタイルを選ぶようになりました。

葬儀はシンプルでいい、葬儀に費用をかけられないといった理由から、ついには葬儀そのものを行わず、火葬だけで故人を見送る火葬式という葬儀スタイルが選ばれるようになりました。

首都圏の葬儀に関する情報を発信するエンディングデータバンクによると、2016年に行われた葬儀うち21.8%が火葬式という結果でした。

葬儀スタイルとして定着した火葬式ですが、どのようなメリットやデメリットがあるのか、一般的な葬儀の流れとどこがちがうのか、ご存じない方が多いのではないでしょうか。

後悔のない火葬式が行えるように、詳しく解説します。


火葬式のメリットは、シンプルで費用が安いこと

火葬式の特徴のひとつは、葬儀の内容がシンプルで葬儀の負担が少ないことです。

一般的な葬儀は、式場でお通夜と葬儀・告別式の2日間のお別れをした後、火葬場に移動して火葬を行います。

一方、火葬式は、お通夜と葬儀・告別式を行わないので、式場で葬儀の準備をする必要がありません。葬儀社と打ち合わせる内容も少なく、一般的な葬儀に比べて逝去から火葬までの時間が短いのも特徴です

葬儀当日も、火葬場に集合し、火葬炉の前で5分から10分のお別れをして解散するため、体への負担を抑えられます。

火葬炉の前でお別れをする葬儀スタイルのため、最期のお別れに立ち会う参列者は人数が限られます。必然的に、葬儀の案内をする方が少人数になるので、一般的な葬儀に比べて案内の負担も抑えられます。

このように、葬儀の内容がシンプルで、読経などの宗教儀礼を行わないため、一般的な葬儀で必要な式場の使用料や、花祭壇、料理、会葬返礼品の費用などの費用がかからず、お布施が必要ないことも特徴です。

葬儀の内容はシンプルにしたい、葬儀に費用をかけられないといった方にとって、最適な葬儀といえます。


火葬式のデメリットは、お別れの時間が短く、見送った実感がわかない可能性があること

このように、メリットの多い火葬式ですが、デメリットも存在します。デメリットのひとつは、菩提寺と付き合いのある方が火葬式を行った場合、菩提寺にあるお墓に納骨できない可能性があることです。

多くの菩提寺は、読経を行わない葬儀を認めていません。そのため、菩提寺の許可なく火葬式を行った場合、菩提寺が納骨を断る場合があります。

菩提寺と付き合いはある方は、必ず菩提寺に確認を取りましょう。

もうひとつのデメリットは、一般的な葬儀と比べてお別れの時間が短いため、「見送った実感がわかない」という可能性があることです。

大切な方とお別れした後は、その喪失感を埋めるために、故人が亡くなったことの意味を探したり、故人の人生に価値を見出そうとします。

故人の思い出や人生を振り返ったときに、最期に故人を見送る時間が、「あまりにも短く、あっけないものでよかったのか」という想いから、自らを責める気持ちが生まれる場合があります。こうしたデメリットを踏まえた上で、火葬式を行うかどうか検討してください。


お通夜や葬儀・告別式を行わない、火葬式の流れは

火葬式は、お通夜や葬儀・告別式を行わないため、一般的な葬儀と比べて、逝去から火葬までの時間が短いのが特徴です。

逝去から火葬まで、火葬式を行う流れを簡潔にまとめました。

逝去

・逝去に立ち会ってほしい方に連絡をしてください。
・葬儀社に連絡し、病院や施設から移動するために必要な寝台車の手配をしてください。
・葬儀に参列してほしい方に、逝去の連絡をしてください。
・医師から死亡診断書を受け取り、荷物をまとめて、移動の準備をしてください。

移動

・葬儀社の社員に死亡診断書を渡してください。
・葬儀当日まで故人が休む安置場所を自宅にするか、専用の安置施設にするか、葬儀社の社員に伝えてください。
・安置場所へ向かう途中で、立ち寄りたい思い出の場所があれば、寝台車の運転手に伝えてください。

安置

・自宅に安置する場合は、安置用の布団またはベッドを用意してください。

葬儀社との打ち合わせ

・葬儀の日程を決めてください。日程を決める際に優先すべき項目は以下の順になります。
①菩提寺と付き合いのある方は、菩提寺の都合
②火葬場の空き状況
③家族・親族の都合

・打ち合わせをした内容をもとに、葬儀社が作成した見積りや契約書を確認してください。

納棺

以下のことを希望する場合は、葬儀社の社員に伝えてください。

・故人の旅支度を、家族の手で整えることができます。
・旅支度で身に着けるものは、白装束以外に、故人が気に入っていた洋服も選べます。
・専用の安置施設に安置している場合でも、納棺に立ち会うことができる場合があります。
・故人の顔を整えたり、体を清めるためのメイクや入浴を納棺士に依頼できます。

火葬式

・火葬場に集合してください。
・火葬炉前で故人と最期のお別れの時間を過ごしてください。時間は5分から10分です。
・用意した花や思い出の品を柩に手向けてください。

火葬

・火葬が終わるまで、ロビー待合室や控室でお待ちください。

収骨

・故人のお骨を骨壺に納めてください。

解散

・火葬場のスタッフから、埋葬許可証を受け取ってください。


火葬式でも、読経や料理、会葬返礼品の手配ができる

式場を使用せず、火葬炉の前でお別れをする火葬式ですが、限られた時間の中でも、家族の希望に合わせて手配できることがあります。

そのひとつが、読経の手配です。菩提寺と付き合いのある方は、菩提寺から許可が得られれば、火葬炉前の読経を依頼することができます。菩提寺と付き合いのない方は、葬儀社を通じて、読経の手配を依頼することができます。読経のほか、戒名の依頼も可能です。

火葬中は火葬場にあるロビー待合室や控室で待機するため、火葬場によっては、その間に食事をすることができます。また、参列のお礼として渡す会葬返礼品も用意することができます。

葬儀社が提供している火葬式のプランの多くは、読経や料理、会葬返礼品が含まれていません。手配を希望する方は、葬儀社に相談してください。


お別れの時間をもっと長く過ごしたいという方は出棺式を

費用は抑えつつ、火葬式よりもゆっくりお別れができる葬儀スタイルを希望される方には、出棺式という葬儀スタイルを紹介します。

出棺式とは、自宅もしくは式場で1時間のお別れの時間を過ごすことができるプランです。

火葬式を行う場合、場所は火葬炉前の前なので、家族や親族など少人数しか参列できませんが、出棺式であれば、故人と親しかった友人なども参列することができます。

火葬式でできることは、柩に花や思い出の品を手向けることが限界ですが、出棺式であれば、故人が好きだった音楽を流したり、写真や映像を見ながら、故人の思い出を語り合ったりして、故人を偲ぶことができます。

また、火葬炉は複数あるため、いくつもの家族や親族が同時にお別れを行うことになりますが、出棺式であれば一家族だけのプライベートな空間でお別れすることができます。

式場を使用する出棺式の場合は、火葬式の費用に式場の使用料が追加になります。多くの式場は1日単位で使用料を設定していますが、式場によっては時間単位で使用料を設定しているところもあります。

出棺式を検討している方は、葬儀社に相談してみてはいかがでしょうか。

火葬式や出棺式について相談できる葬儀社をお探しの方はこちら

火葬式の費用について詳しく調べる

出棺式の費用について詳しく調べる

終活メディアいざというときに、あせらない為に。自分でじっくりと考えたい方へ。

  • 終活メディア
  • お葬式のガイド無料進呈

    どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む
葬儀社

終活メディア
運営の葬儀社

無料電話相談

0120-72-2195

ご葬儀・お墓・ご供養の
ご相談はお気軽に
24時間365日いつでも受付

  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド
  • 葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

    実際の葬儀の費用がわかる
    最近の葬儀のプランがわかる

    詳細を見る

終活メディアいざというときに、あせらない為に。
自分でじっくりと考えたい方へ。

お葬式のガイド無料進呈

東京・神奈川・千葉・埼玉に
	お住まいの方へ
	無料でお届けしています。

どんな資料が届くの? 今すぐ申し込む

終活なんでも無料相談

終活メディア運営葬儀社がご回答
お電話1本、葬儀のプロになんでもご相談ください 電話をかける

終活メディア実際の葬儀の費用や、
最近の葬儀プランを知りたい!

全国の葬儀のことなら 葬儀ガイド

葬儀事例レポート1,300件以上掲載!

実際の葬儀の費用がわかる
最近の葬儀のプランがわかる

  • 葬儀の種類 火葬式って何?
  • 葬儀の費用 知りたい!費用と相場

ご葬儀をもっと知りたい方へ