終活メディアは葬儀、お墓、供養など終活に関する最新情報を発信します。 Powered by むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)むすびす株式会社 (旧アーバンフューネスです)

タグ・キーワードから探す
気になるキーワードにチェックを入れてください

キーワードを選んで検索
 

  1. TOP
  2. 葬儀
  3. 葬儀後の申請で給付される葬祭補助金|葬儀費や埋葬料との違いと金額

葬儀後の申請で給付される葬祭補助金|葬儀費や埋葬料との違いと金額

葬祭補助金

多くの家族は、葬儀の準備ができないまま、大切な方とのお別れを迎えます。そのような家族にとって、負担となるのは、突然必要になる葬儀の費用です。

そこで知っておきたいのが、葬儀後に給付される葬祭補助金の存在です。今回は、葬祭補助金の種類や金額、申請の方法について説明します。

4万件以上の相談実績から誕生した
「はじめての葬儀ガイド」無料プレゼント

以下のようなことについてお困りの方は、ぜひご活用ください。

  • 葬儀の流れや何を準備しておけばいいかが分からない
  • どこで葬儀をあげれば良いか葬儀場の探し方が分からない
  • 費用はどのくらいを用意する必要があるのか、見積もりが欲しい

すぐに使える葬儀費用が最大5万円も割引になる得割クーポンがつくなど、いざという時に役立つ情報が満載です。葬儀をご検討中の方は、ぜひご一読ください。

葬祭補助金とは?

葬祭補助金制度は、国民健康保険または後期高齢者医療保険、社会保険の被保険者が亡くなったとき、葬儀や埋葬を行った人に支給される給付金制度の総称です。

葬祭補助金は大きくわけて2つの種類があり、加入している健康保険によって支給金額や申請先が異なるので注意しましょう。

支給金を葬儀費用に充てることで、費用の軽減につながるので、忘れずに申請を行うようにしましょう。

葬祭費

故人が国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合に、申請をすることによって、葬儀を行った人(喪主)に市区町村から給付されるのが葬祭費です。

市区町村や加入していた健康保険によって異なりますが、葬祭費として1万円~7万円が支給されます。

自治体によっては、別の給付の場合もあるので、市区町村の役所に確認しましょう。

申請期間 故人の死亡日から2年間
申請人 葬儀を行った人(喪主)
※喪主以外が申請を行う場合には委任状が必要
申請に必要なもの
自治体により若干異なる場合があるので、申請の際には各自治体にご確認いただくのが一番です。
  • 故人の保険証(返却のため)
  • 葬儀の領収書 または 喪主名の記載がある会葬礼状
  • 振込口座の確認ができるもの(通帳など)
  • 窓口に行く方の本人確認書類(免許証・保険証等)
    ※喪主以外の口座に振り込む場合等は、委任状が必要なことがほとんどです。
  • 印鑑(シャチハタ不可)
給付金額 1万円~7万円 ※自治体によって異なる
申請窓口
問い合わせ先
各市区町村役所の保険年金課

葬祭費金額一覧

※2020年10月1日時点

東京都23区
足立区 70,000円
荒川区 70,000円
板橋区 70,000円
江戸川区 70,000円
大田区 70,000円
葛飾区 70,000円
北区 70,000円
江東区 70,000円
品川区 70,000円
渋谷区 70,000円
新宿区 70,000円
杉並区 70,000円
墨田区 70,000円
世田谷区 70,000円
台東区 70,000円
中央区 70,000円
千代田区 70,000円
豊島区 70,000円
中野区 70,000円
練馬区 70,000円
文京区 70,000円
港区 70,000円
目黒区 70,000円

 

東京都その他
昭島市 50,000円
あきる野市 50,000円
稲城市 50,000円
青梅市 50,000円
清瀬市 50,000円
国立市 50,000円
小金井市 50,000円
国分寺市 50,000円
小平市 50,000円
狛江市 50,000円
立川市 50,000円
多摩市 50,000円
調布市 70,000円
西多摩郡奥多摩町 70,000円
台東区 70,000円
中央区 70,000円
千代田区 70,000円
豊島区 70,000円
中野区 70,000円
練馬区 70,000円
文京区 70,000円
港区 70,000円
目黒区 70,000円

 

神奈川県
愛甲郡愛川町 50,000円
愛甲郡清川村 50,000円
足柄上郡大井町 50,000円
足柄上郡開成町 50,000円
足柄上郡中井町 50,000円
足柄上郡松田町 50,000円
足柄上郡山北町 50,000円
足柄下郡箱根町 50,000円
足柄下郡湯河原町 50,000円
厚木市 50,000円
綾瀬市 50,000円
伊勢原市 50,000円
海老名市 50,000円
小田原市 50,000円
鎌倉市 50,000円
川崎市 50,000円
高座郡寒川町 50,000円
相模原市 50,000円
座間市 50,000円
逗子市 50,000円
茅ヶ崎市 50,000円
中郡大磯町 50,000円
中郡二宮町 50,000円
秦野市 50,000円
平塚市 50,000円
藤沢市 50,000円
三浦郡葉山町 50,000円
三浦市 50,000円
南足柄市 50,000円
大和市 50,000円
横須賀市 50,000円
横浜市 50,000円

 

千葉県
旭市 50,000円
我孫子市 50,000円
安房郡鋸南町 50,000円
夷隅郡大多喜町 50,000円
いすみ市 50,000円
市川市 50,000円
市原市 50,000円
印西市 50,000円
印旛郡栄町 50,000円
印旛郡酒々井町 50,000円
浦安市 50,000円
柏市 50,000円
勝浦市 50,000円
香取郡神崎町 50,000円
香取郡多古町 50,000円
香取郡東庄町 50,000円
香取市 50,000円
鎌ケ谷市 50,000円
鴨川市 50,000円
木更津市 50,000円
君津市 50,000円
佐倉市 50,000円
山武郡大網白里町 50,000円
山武郡九十九里町 50,000円
山武郡芝山町 50,000円
山武市 50,000円
白井市 50,000円
匝瑳市 50,000円
館山市 50,000円
千葉市 50,000円
銚子市 50,000円
長生郡一宮町 50,000円
長生郡白子町 50,000円
長生郡長生村 50,000円
長生郡長南町 50,000円
長生郡長柄町 50,000円
長生郡睦沢町 50,000円
東金市 50,000円
富里市 50,000円
流山市 50,000円
習志野市 50,000円
成田市 50,000円
野田市 50,000円
富津市 50,000円
船橋市 50,000円
松戸市 50,000円
南房総市 50,000円
茂原市 50,000円

 

埼玉県
上尾市 50,000円
朝霞市 50,000円
入間郡越生町 50,000円
入間郡三芳町 50,000円
入間郡毛呂山町 50,000円
入間市 50,000円
桶川市 50,000円
春日部市 50,000円
加須市 50,000円
川口市 50,000円
川越市 50,000円
北足立郡伊奈町 50,000円
北葛飾郡杉戸町 50,000円
北葛飾郡松伏町 50,000円
北本市 50,000円
行田市 50,000円
久喜市 50,000円
熊谷市 50,000円
鴻巣市 50,000円
越谷市 50,000円
児玉郡神川町 50,000円
児玉郡上里町 50,000円
児玉郡美里町 50,000円
さいたま市 50,000円
坂戸市 50,000円
幸手市 50,000円
狭山市 50,000円
志木市 50,000円
白岡市 50,000円
草加市 50,000円
秩父郡小鹿野町 50,000円
秩父郡長瀞町 50,000円
秩父郡皆野町 50,000円
秩父郡横瀬町 50,000円
秩父市 50,000円
鶴ヶ島市 50,000円
所沢市 50,000円
戸田市 50,000円
新座市 50,000円
蓮田市 50,000円
羽生市 50,000円
飯能市 50,000円
東松山市 50,000円
比企郡小川町 50,000円
比企郡川島町 50,000円
比企郡ときがわ町 50,000円
比企郡滑川町 50,000円
比企郡鳩山町 50,000円
比企郡吉見町 50,000円
比企郡嵐山町 50,000円
日高市 50,000円
深谷市 50,000円
富士見市 50,000円
ふじみ野市 50,000円
本庄市 50,000円
三郷市 50,000円
南埼玉郡宮代町 50,000円
八潮市 50,000円
吉川市 50,000円
和光市 50,000円
蕨市 50,000円

 

火葬式・直葬では葬祭費が受け取れない場合がある?

名称に「式」や「葬」と付いていますが、お通夜、葬儀・告別式といった宗教儀式、お別れの会といった弔いの式を行わないため、火葬式(直葬・荼毘式)は厳密には正式な葬儀式ではありません。

葬祭費はあくまでも「葬儀式」に対する給付金のため、火葬のみの場合は葬儀式と認められず、葬祭費の給付を受けられない自治体もあります。

具体的には、横浜市、杉並区、足立区、千代田区などは、葬儀式を行わず、火葬のみを行った場合は、葬祭費を支給していないようです。

火葬式(直葬・荼毘式)を行うときはご注意ください。

埋葬料・埋葬費・家族埋葬料

故人が社会保険や各共済組合に加入していた場合に、申請すると会社から給付される葬祭補助金です。給付を受け取る方によって、埋葬料、埋葬費、家族埋葬料など名称が変わります。

埋葬料は、故人を埋葬した家族に支払われるものです。

埋葬費は、被扶養者など埋葬料を受け取ることができる方がいない場合、実際に埋葬を行った方に支払われるものです。

家族埋葬料は、故人が被扶養者の場合に、被保険者へ支払われるものです。

埋葬費、埋葬料、家族埋葬料の金額は、いずれも5万円です。

故人の勤務先の会社が健康保険組合に加入していた場合は、組合から給付されることがあるので確認しましょう。

申請期間 故人の死亡日から2年間
申請人 埋葬を行った方
申請に必要なもの
  • 亡くなった方の国民健康保険証
  • 申請人(手続きを行う人)の本人確認書類(免許証・保険証等)
  • 葬儀の領収書 または 喪主名の記載がある会葬礼状
  • 振込口座の確認ができるもの(通帳など)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
給付金額 5万円
申請窓口
問い合わせ先
加入している所管の保険事務所又は各共済組合

故人が勤務している会社からの弔慰金も確認を

意外と知られていないのが、故人が勤めていた会社から支給される弔慰金(ちょういきん)です。

弔慰金は、葬儀の際にお花代やお線香代として手渡される香典とは違い、故人の生前の労に報い、家族を慰める目的で会社から支給されるものです。

退職金といっしょに支払われることも多く、特に請求の必要はありません。

弔慰金は企業にとって義務ではありませんから、必ず用意されているわけではないことを覚えておきましょう。

葬儀費用の負担を抑えられる、少額短期保険とは

葬儀費用の支払いは、一般的に葬儀を終えてから1週間前後です。

葬祭補助金は葬儀後に給付されるものなので、葬儀費用の支払いに不安のある方は、葬儀費用の補てんに特化した保険商品をお勧めします。

月々に支払う保険金額(掛け金)が少なく、保険期間が1年以内の保険商品で、請求してから1週間から10日ほどで保険料が支払われるため、葬儀費用の支払いにも十分に間に合うのが少額短期保険です。

少額短期保険は、加入にあたって医師の診断が不要なものがほとんどで、年齢の制限も生命保険などに比べると厳しくはありません。

葬儀費用に不安がある方は、検討してみてはいかがでしょう。

資料請求をいただいた全ての方に、
その日から使える
最大5万円割引クーポンプレゼント

    現在以下のようなお悩みはありませんか?

  • 葬儀の費用を事前に詳しく知っておきたい
  • なるべく費用を抑えたい
  • はじめての葬儀で、何も分からなくて困っている

今なら資料請求をするだけで、その日から使える葬儀費用が最大5万円割引になる「得割クーポン」をお渡ししています。申し込みは約1分でどなたでも簡単に登録ができます。

※資料請求は、葬儀の契約ではありません。

葬儀後の手続きまで、しっかりフォローしてくれる葬儀社を選ぶ

葬祭補助金の申請以外にも、葬儀後の手続きはたくさんあります。

首都圏の葬儀に関する情報を発信するエンディングデータバンクが行った調査によれば、喪主を経験した方の7割以上が、「一番大変だったのは、葬儀後の各種手続きだった」と回答しています。

葬儀が終わってからも、葬祭補助金や年金の受給などの役所手続き、四十九日法要や一周忌法要、お墓、遺品整理、香典返し等々、やるべきことは山積みです。

日頃やりなれていない、あるいは生まれて初めて行う諸々の手続きを、大切な人を亡くして心身ともに疲れている状態でこなしていくのは大変です。

こうした遺族をサポートするために、専門の相談員が無料で、回数の制限なくアフターサポートをしてくれる葬儀社もあります。

葬儀社を選ぶとき、費用や会館については調べても、アフターサポートについて確認する人は少ないようです。

葬儀社選びのポイントのひとつに、しっかりしたアフターサポートがあるかどうかを加えておくと安心です。

葬儀後のお手続きの相談はお葬式のむすびすへ
葬儀後のお手続きの相談はお葬式のむすびすへ

まとめ|葬祭補助金は健康保険の被保険者が亡くなったとき、葬儀を行った人が申請することで支給される給付金制度の総称です

葬祭補助金の種類や金額、申請の方法について、ご理解いただけたでしょうか。

  • 葬祭補助金は加入している健康保険によって支給額や申請先が異なる。
  • 葬祭費は、故人が国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合に、市区町村から1万円~7万円給付される。
  • 葬祭費は葬儀式に対する給付金のため、火葬式(直葬・荼毘式)で行った場合は葬儀式と認められず、給付を受けられない自治体もある。
  • 故人が社会保険や各共済組合に加入していた場合に、申請すると会社から給付される葬祭補助金は、受け取る人によって、埋葬料、埋葬費、家族埋葬料と名称が変わる。
  • 埋葬料は、故人を埋葬した家族に支払われるもの。
  • 埋葬費は、被扶養者など埋葬料を受け取ることができる方がいない場合、実際に埋葬を行った方に支払われるもの。
  • 家族埋葬料は、故人が被扶養者の場合に、被保険者へ支払われるもの。
  • 埋葬費、埋葬料、家族埋葬料の金額は、いずれも5万円。
  • 故人の勤務先の会社が健康保険組合に加入していた場合は、組合からも給付されることがある。
  • 故人が勤めていた会社から香典とは別に、弔慰金が支給される場合がある。
  • 少額短期保険は、葬儀費用の補てんに特化した保険商品で、保険金の受け取りが葬儀費用を支払いまでに間に合う。
  • 葬儀後の手続きまで、しっかりフォローしてくれる葬儀社を選ぶと安心。

よくあるご質問

葬祭補助金とは何ですか?
葬祭補助金制度は、国民健康保険または後期高齢者医療保険、社会保険の被保険者が亡くなったとき、葬儀や埋葬を行った人に支給される給付金制度の総称です。
葬祭費と埋葬料・埋葬費・家族埋葬料は何が違いますか?
加入している健康保険によって支給金額や申請先が異なります。国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合は「葬祭費」、社会保険や各共済組合に加入していた場合は、「埋葬料、埋葬費、家族埋葬料」など名称が変わります。
葬祭補助金はいくらくらい支給されますか?
各自治会や申請先によって異なりますが1万円~7万円の支給が一般的です。詳しくは各問い合わせ先に確認するとよいでしょう。

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

「葬儀」を考え始めた時に、この1冊ですべてがわかる

葬儀費用が最大5万円割引に

お葬式ガイド
プレゼント!

エンディングプランナー

30秒カンタン申し込み

ご葬儀をもっと知りたい方へ