首都圏のご葬儀に全力対応

首都圏のご葬儀に全力対応

夢見た書斎からの旅立ち

参列者数
通夜:125名 告別式:25名 一般葬
斎場
町屋斎場
宗教
仏教

書斎を作るのが夢だった夫の願いを
最期にかなえてあげたい

奥様が何か決めるときは、必ず相談する。
それほど、ご主人様のことを頼りにされていたそうです。
そのご主人様が、ご家族様に見守られて、旅立たれました。

「本当は、お葬式のことも、夫に相談したいくらいなんです」という奥様。
それでも、「夫のために、自分が考えて送りたい」と、
お打ち合わせに娘様の同席をお断りに。
ひとりお打ち合わせに臨まれ、本がお好きだったご主人様の夢をかなえてあげたいと、ご葬儀の内容を決められました。

それは、書斎を作ること。

お好きだった本に囲まれて、最期の時間を過ごしてほしいという、奥様の想いから決められたことでした。

書斎を作るのが夢だった夫の願いを最期にかなえてあげたい

お仕事で忙しい日々の中でも読書を
欠かさなかったご主人様

ご主人様は大学を卒業後、メガバンクに入行。海外の支店へ赴任されるほど、そのご活躍は認められ、部長として多くの方を指導されました。

定年退職後は嘱託社員として、正社員と同じように働く日々をお過ごしに。お仕事に忙しい中でも、大好きな読書は欠かすことはありませんでした。

中でも、司馬遼太郎や塩野七生といった歴史小説を愛読されていたそうです。

まさに本の虫という言葉がふさわしい方だけに、書斎のある暮らしを夢見るのも、不思議ではありません。

「壁一面を本棚にした書斎を作りたい」

ご主人様はいつもそうおっしゃっていたそうです。

お仕事で忙しい日々の中でも読書を欠かさなかったご主人様

奥様の想いがあふれるお二人だけの
お別れの時間

ご葬儀を担当した高柳たちの手で、斎場の壁一面に、本棚をプリントした布のタペストリーがかけられました。

本棚の手前に用意したテーブルには、いつも読書の時に使っていたランプと、お気に入りの本たち。

ご主人様の思い出がつまったたくさんのお写真も、お通夜に参列した多くの方々を迎えました。

お通夜の翌日、告別式が始まる前の、朝のひととき。お二人だけの時間に、ご主人様へ声をかける奥様のお姿が。

「よかったね」

ひんやりとした早朝の空気が、ほんの少し、あたたかくなったように感じられました。

奥様の想いがあふれるお二人だけのお別れの時間

担当エンディングプランナー

奥様と娘様との想いがひとつに
担当エンディングプランナー 高柳有

どんなことも、故人様に相談して決めてこられた奥様だけに、お打ち合わせでも、ご葬儀の内容がなかなか決められないと、悩んでいらっしゃいました。お打ち合わせの時間は7時間にわたりましたが、そのおかげで、ご主人様のためにしてあげたいという想いが、ご葬儀でしっかりとかたちになったのではないでしょうか。ご葬儀を終えられて、3人の娘様からも「お父さん、本当によかったね」と声をかけられたときの、奥様のお顔が印象的でした。

内容とお写真は、ご家族のご了承を得て掲載させていただいております。

この1冊でお葬式のすべてがわかる

かんたん資料請求 誰でもわかる「お葬式ガイド」

最短30分でお送りします

24時間対応無料緊急の方はこちら
0120-72-2195

経験豊富な葬儀プランナーがなんでもお答えします。

現在私たちがご相談を承ります。

福原孝之
福原孝之
中村元紀
中村元紀
三上祐司
三上祐司
出井翔一朗
出井翔一朗
古堅厚太
古堅厚太
西澤英司
西澤英司

NHKで紹介された葬儀

葬儀のお問い合わせはこちら

資料請求する

無料電話相談なら今すぐ解決