お父様の好きだったお庭で

お父様の好きだったお庭で

参列者数
親族:3名 自宅葬
斎場
ご自宅
宗教
無宗教

ご長男との事前相談から4年。長年の闘病の末、お父様を見送る時がやってきてしまいました。担当プランナーとしてご自宅に伺った私に、ご長男は「母も体調を崩しており、参列者を呼ぶことはできないから…」と、火葬のみをご希望されました。しかしこのご家族にとって、本当に火葬だけのシンプルなお見送りで悔いは残らないだろうか。私には気がかりでした。

「庭にベンチがあるでしょう? 仮退院した父と、あそこに座って2人で話した時は楽しかったなあ。父はずっとご機嫌でね。何だかうれしそうでした」「やっと帰ってこられたんだから、家から見送ってあげたい」
ご長男のお言葉の端々から、お父様を想うお気持ちがあふれていました。

お父様、お母様、弟様の4人でゆっくりと最後の食卓を囲んで

思い出のお庭で語り合うひと時を

私は思い切って、「このお庭で、ご葬儀をしませんか?」とご提案しました。

緑の木々に囲まれたお庭は、広々としてとても素敵でした。ウッドデッキに小さな祭壇をつくり、お父様、お母様、弟様の4人でゆっくりと最後の食卓を囲んでいただく。そんな時間をご用意するだけなら、費用が大幅に増えることもありません。
ご家族で一緒に、お父様とのお別れにひと時だけでも向き合う時間を作って差し上げたい。そんな気持ちから、ご提案させていただきました。

思い出のコーヒーとちらし寿司で最後の食卓

秋晴れの空の下でのお別れ

ご葬儀当日は、よく晴れた日でした。

記念日の定番メニューだったというちらし寿司を囲むご家族は、おだやかな風に吹かれながら、お父様の思い出を語り合っていらっしゃいました。お食事を終えられた頃、私はブルーマウンテンの豆と、コーヒーミルをテーブルにお持ちしました。

大のコーヒー党で、いつもブルーマウンテンを豆から挽いて飲んでおられたというお父様。ご家族の手で薫り高くいれられたコーヒーを、献酒がわりに、お一人ずつお父様の口元に運んでいただきました。

ご家族だけの安らかな時間

ご家族だけの安らかな時間

ご長男と弟様が、お棺に納めるお庭のお花をつんでいらっしゃる間、お母様はお父様に静かに語りかけていらっしゃいました。

「お父さん、ありがとう」。槿(むくげ)の花や思い出の品を手向けながら、2人の息子さんがかけられた感謝の言葉を、お父様はきっと聞いておられたと思います。
涙を見せながらも、皆様どこか晴れ晴れとした表情で、ご出棺の時を迎えられました。

「葬儀の問い合わせをした時から、ずっとどこかで後ろめたさを感じていました。でも、もしもの時には、倒れるまで家族のために働き詰めだった父を、きちんと送り出してあげたいと思っていたんです。今回、こんな風に見送ることができて本当に良かった。もう、思い残すことはありません」

ご葬儀の後、ご長男はそう言って、私の手を強く握ってくださいました。

槿(むくげ)の花や思い出の品を手向けるご家族

担当エンディングプランナー 高野孝徳

内容とお写真は、ご家族・会社様のご了承を得て掲載させていただいております。

この1冊でお葬式のすべてがわかる

かんたん資料請求 誰でもわかる「お葬式ガイド」

最短30分でお送りします

24時間対応無料
緊急の方はこちら 0120-72-2195

経験豊富な葬儀プランナーがなんでもお答えします。

現在私たちがご相談を承ります。

平川雅彦
平川雅彦
三上祐司
三上祐司
青木星也
青木星也
中村元紀
中村元紀
大町良太
大町良太
出井翔一朗
出井翔一朗

お電話1本でご不安を安心に

電話で問い合わせる

ここを押すと電話がつながります

フリーダイヤル0120-71-2195相談無料

経験豊富な葬儀プランナーが承ります
なんでもお申しつけください。

矢印かんたん資料請求

最短当日お客様専用資料をお届けします

無料進呈

※2017年にアーバンフューネスでご葬儀された方へのアンケートにおいて、97.3%の方に満足しているとご回答いただきました。
※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。
※2018年6月27日にプラン改訂を行っております。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せくださいませ。
フリーダイヤル0120-72-2195、24時間365日対応

▲ ページの先頭へ

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

ガイアの夜明け NHKで特集

0120-72-2195