思い出コーナー

手作りのクリスマスイブ

担当エンディングプランナー 本多亮之

ご家族を愛情たっぷりに包んでいたおばあ様が亡くなりました。夏休みやクリスマス、お正月には各地に住む家族を呼び寄せ、いつもおいしい手料理でもてなしてくれた方だったとのこと。仲の良いご家族は「アットホームに、明るく見送りたい」と、家族葬を希望されました。

喪主を務める娘さんが、テーマカラーに選ばれたのは、淡いピンク色。「母が、まるで少女のように安らかでかわいらしい表情で眠っているから」と、お棺や祭壇の花もこだわって選ばれました。

ご葬儀の様子

雪の結晶

飾りつけも花束も、
ご家族の手で

お通夜の日は、ちょうどクリスマスイブ。おばあ様を囲み、小さな斎場で最後の夜を過ごすご家族に、私たちはある提案をしました。「そんなことが、できるんですか?」ご家族は驚きながらも、歓迎してくださいました。

迎えた12月24日。華やかなピンクの花に包まれた空間の中で、私たちは、斎場に用意したツリーの飾りつけをご家族にお願いし、お棺に捧げる花束も、皆様に手作りしていただきました。
「この色は、ここに入れるとキレイじゃない?」「うん、かわいくなったね」
斎場内には、にぎやかな会話があふれました。

「天国でも幸せに」
大好きなおばあ様へのメッセ―ジ

また、思い出の写真を飾ったパネルにお孫さんから書いていただいたのは、思いのこもった説明文。そこには大好きなおばあ様へのメッセージが込められていました。和やかな雰囲気の中、お食事の最後にクリスマスケーキをお出しすると、皆様から「集合写真を撮ろうよ」という声が上がりました。

笑いが絶えない「手作りのクリスマス」。おばあ様の思い出を語り合うご家族の声は、その夜遅くまで止むことがありませんでした。

パネル写真

担当エンディングプランナー

内容とお写真は、ご家族・会社様のご了承を得て掲載させていただいております。

この1冊でお葬式のすべてがわかる

かんたん資料請求 誰でもわかる「お葬式ガイド」

最短30分でお送りします

24時間対応無料
緊急の方はこちら 0120-72-2195

経験豊富な葬儀プランナーがなんでもお答えします。

現在私たちがご相談を承ります。

平川雅彦
平川雅彦
三上祐司
三上祐司
井上大也
井上大也
中村元紀
中村元紀
大町良太
大町良太
出井翔一朗
出井翔一朗

お電話1本でご不安を安心に

電話で問い合わせる

ここを押すと電話がつながります

フリーダイヤル0120-71-2195相談無料

経験豊富な葬儀プランナーが承ります
なんでもお申しつけください。

矢印かんたん資料請求

最短当日お客様専用資料をお届けします

無料進呈

※2017年にアーバンフューネスでご葬儀された方へのアンケートにおいて、97.3%の方に満足しているとご回答いただきました。
※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。
※2018年6月27日にプラン改訂を行っております。ご不明な点がございましたら遠慮なくお問合せくださいませ。
フリーダイヤル0120-72-2195、24時間365日対応

▲ ページの先頭へ

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

ガイアの夜明け NHKで特集

0120-72-2195