友人葬の実例 お題目を唱えて見送る“友人葬”と呼ばれるご葬儀。

友人葬プランのご葬儀実例

祭壇

友人葬を選んだ理由

喪主の私は会員ではありませんが、夫が会員だったので、夫は友人葬で見送られることが望ましいと思いました。

参列者数 通夜 37名
告別式 14名
斎場 江戸川区
西葛西セレモニーホール
宗教 創価学会

安心して葬儀を迎えることができました

ご葬儀の様子

友人葬は経験がありませんでした。
子供がいない私は一人きりでしたが、儀典長様への連絡から、会員様へ受付・会計のお手伝いの依頼など、すべてエンディングプランナーの平川さんが丁寧に対応してくれたので、安心して葬儀を迎えることができました。

夫の生涯を振り返る葬儀でした

思い出コーナー

平川さんが「お父様らしいお葬式をしましょう」と言ってくれ、夫の写真や作業着を斎場に飾ってくれました。
それを見ながら昔の夫を知る人や親戚が、夫の話をたくさんしてくださいました。中には涙を流す方もいて、みんなで夫の思い出話しで盛り上がりました。私は、その思い出話しに励まされ、葬儀が私にとって貴重な場になりました。

息子同然の社員に見送られて

献花の様子

仕事一筋の主人は、自宅でも作業着を着ていました。平川さんの提案で、愛用の作業着に息子同然の社員がメッセージを書いてくれました。
作業着には、とても心を打つ言葉が書かれていたので、私の一生の宝にしたいと思いましたが、夫へ向けられた言葉だったので、作業着は棺へ納めました。

エンディングプランナー 平川雅彦

担当エンディングプランナーのコメント

社員を息子のように面倒をみるお父様でした。そのお人柄に惹かれて集まった、家族、仲間、社員の方々の感謝の気持ちがストレートに伝わってくるご葬儀でした。

※2017年にお葬式のむすびす(旧アーバンフューネス)でご葬儀された方へのアンケートにおいて、97.3%の方に満足しているとご回答いただきました。
※各ページに掲載されている葬儀事例の費用は当時のプラン利用時の費用目安となります。

▲ ページの先頭へ

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

トップに戻る

LINE登録で式場・火葬場の空き状況や予約ができる