しっかりとした準備です。そのために、亡くなってから最低2日以上あけて葬儀を行うことを、お勧めしています。
多くの方を招く大型葬は、まず葬儀の日時・場所の連絡を漏れなく行うことから始まります。人数が多いと訃報が知れ渡ることに時間を要するので、日程をあけることは参列者の方々への配慮です。受付・会計などのお手伝い係の手配も必要となるので、余裕を持った葬儀日程をお勧めしております。
葬儀までの数日間、故人様のお体のケアは、アーバンフューネスにて万全に行うのでご安心ください。