参列者
ご親族:20名 ご会葬者:2名 
斎場
横浜市北部斎場

輪となって帰って来て

ご家族の輝きの中心。
いつも明るく笑顔な故人様のお姿を思い返していただき、これからもその思い出たちとともに。
故人様のお気持ちが、ご家族をあたたかくお守りしてくれるようなお時間に。
ご夫婦の絆はご家族を巻き込んだ輪となり、フラワーリングとして故人様のもとへ。
そしてもう1つのリングは、とある想いが込められご自宅へ。

輝きの中心

「いつも明るく笑顔でとにかく輝いている人でした」
喪主を務める旦那様はご夫婦で行った旅行の数々や趣味のことを振り返りながら奥様のことをお話しくださいました。
保育士をされ、幼稚園の先生もされた故人様はお心の優しい素敵な女性。
お見合いで出会われ、旦那様が一目惚れ。
そして、1年の交際の後ご結婚。
お二人のお子様にも恵まれました。
ご主人も奥様もご家族で過ごす時間を大切にされ皆様で旅行に行かれたり、時にはご夫婦お二人で旅行を楽しまれることも。
趣味はコーラスとトールペイントで、作品はご自宅に多数お飾りされていました。
お子様が大きくなると再び幼稚園の先生へ。
仕事をしながら趣味の時間も家族の時間も大切にされ、明るく笑顔を絶やさない、いつも輝いている奥様だったと教えてくださいました。

ご家族で手をかけて

故人様を中心に温かな日々を送られてきたご家族。
楽しくて、笑顔が溢れる毎日。
しかし9年ほど前、難病が発覚して以来闘い続ける日々を送られました。
「病気がなければ、今頃もっともっと旅行に行って、美味しいものを食べていたのに。」喪主様は涙を浮かべながら、故人様との日々を思い返されます。
そして、「今はお疲れ様でしたと伝えたい。」そう仰りました。
そのお気持ちを伝えるため、ご家族の手で作り上げましょうとお話しさせていただきました。
ご家族で作るご葬儀の一歩として、思い出写真をメインとしたメモリアルスクリーン祭壇を選ばれました。
お写真はご家族で1枚ずつお選びいただきました。
またご趣味で作り上げられたトールペイントの作品を、お飾りするためお持ちいただきました。

伝える空間作り

喪主様は大変な悲しみから、これまでの葬儀の暗いイメージは嫌だと思っておられたそう。
しかし、実際に式場を見て、ご長女は「嬉しい」と涙され、喪主様はご家族で過ごされたあの日々のことを思い出し、「すでにいい式になりそうな予感がします。」と明るく前向きなお気持ちになられたとお話ししてくださいました。
弊社が作るのではなく、ご家族の手で一枚一枚、故人様との思い出を振り返りながら写真をお選びいただき、出来上がったメモリアルスクリーンは式場をより一層華やかな空間に彩りました。
たくさんのお写真が結実し、ご家族自身の感動となり、故人様との輝かしい日々が思い起こされました。
さらに、趣味のトールペイントはクリスマスのものをお飾りし、どこを見ても、故人様との思い出溢れる空間となりました。
ご家族からの「お疲れ様でした」のお気持ちを、空間でもしっかりお伝えするお見送りとなります。

リングとなって

大きくお飾りをしたメモリアルスクリーン。
式場だけで終わらせてしまうのではなく、ご自宅にも是非!ということで、勝手ながらA3サイズでもご用意し、1つは故人様のお柩に。
もう1つは、ご自宅にお持ち帰りいただきます。
この空間を作ったのは葬儀社ではなく、喪主様、ご家族様。
故人様と一緒に過ごした笑顔輝かしい日々、両手でも抱えきれないほどのかけがえのない思い出、それらが描いた空間です。
そこで、サプライズで弊社から2つのフラワーリングをご用意。
いつか再会したとき、このリングを交換できるように、「来世でもまた」というお言葉とともに喪主様と故人様の手から直接交換していただきました。
ご葬儀後はご自宅の祭壇にお飾りされているとのこと。
ご葬儀後喪主様より「自分の分は大切に残しておいて、自分の時に妻と同じように柩に入れてもらいます」とお言葉をいただきました。
また、必ず巡り会えることを願って。
フラワーリングの交換のご様子はインスタグラムで見ることが出来ます。
⇒Instagramはこちら

担当エンディングプランナー 高野 孝徳

高野 孝徳

前述のA3のメモリアルスクリーンのパネルは喪主様しかご存知ではなく、帰ってから喪主様よりご家族様へお披露目をする、弊社からだけではなく、喪主様からのサプライズにされるとお話しくださいました。
ご自宅でもお喜びいただけていれば幸いです。
ご葬儀後のサポートの連絡を差し上げた際、「準備の段階では何も頭に入らなくて不安だったけれど、いざ式当日に式場を見ると、すべての不安がなくなった」と仰っておられました。
「お葬式らしさ」がなく、故人様らしい明るく輝いたお飾りには「救われた。前向きな性格だからきっと妻も気に入ってくれたはず」とまで。
最後に喪主様から「淋しさ」ではなく、「元気」をもらえたと仰っていただきました。
また、ご長女様のお腹には新しい命がすくすくと育っており、故人様も会える日を楽しみにされておりました。
ぜひ、成長を見せ続けてあげてくださいとお伝えさせていただきました。
この度はご家族様の許可をいただき、フラワーリングのサプライズのご様子を動画で撮影し、SNSにアップさせていただきましたが、そのご様子も振り返りながら、故人様のことを振り返る想い出の一つとなっていただければ幸いでございます。

内容とお写真は、ご家族・会社様のご了承を得て掲載させていただいております。

ご葬儀対応エリア

東京都

神奈川県

埼玉県

千葉県

よく選ばれる斎場

トップに戻る

LINE登録で式場・火葬場の空き状況や予約ができる