• 総勢10名の皆様が、視察に訪問されました。
  • モニターを通じて、システムの具体的な活用方法について説明いたしました。
  • 平和ドリームの皆様からは、質問だけでなく様々なご意見もいただきました。
  • 『MUSUBYS』の機能のひとつ、コールセンターもご覧いただきました。

クリックで拡大します

独自開発の葬儀社向け業務支援システムに関心

韓国で互助会や葬儀社、病院を経営する株式会社平和ドリームの皆様が8月24日、アーバンフューネスコーポレーションの本社を視察訪問されました。

視察では、私たちが独自に開発している、葬儀社の業務を支援するシステム『MUSUBYS』と、システムを活用した葬儀空間の演出方法について、多くの質問をいただきました。

業務支援システム『MUSUBYS』は様々な機能を備えています。視察された平和ドリームの皆様が強い関心を示されたのは、顧客管理システム『MUSUBYS LIFE LOG』と、見積り・受発注システム『MUSUBYS ORDER』です。

韓国はIT先進国ですが、葬儀業界のIT化は進んでおらず、顧客情報や見積りは手書きで対応している葬儀社がほとんどだといいます。

また、ご葬儀のお手伝いは、外部の葬儀社に委託するケースが多いため、お客様の要望が情報として記録されず、何か問題があった場合もご葬儀後に、お客様からの連絡があって初めて分かる状況だそうです。

このような韓国の葬儀業界が抱える課題があることから、私たちが開発する顧客管理システムと、見積り・受発注システムの機能の説明に、平和ドリームの皆様は熱心にメモを取られていました。

葬儀空間の演出については、顧客管理システムで引き継がれた情報をもとに、ご家族様の想いを引き出し、ご葬儀のプランニングに反映する取り組みについて、具体的な事例に沿って紹介いたしました。

私たちはこれからも、葬儀社向けのシステム開発を通じて、ご葬儀の安心・安全をお届けし、サービスの向上に努めてまいります。