• 茶道の師範だったおばあ様は、多くの方にお茶の魅力を伝えてこられた方でした。
  • 早春の野点をイメージして、花開こうとするつぼみをつけた桜を花祭壇に。
  • 旅立った先で召し上がってほしいと、お母様がお好きだったチーズケーキを。
  • 柳の中でも一足早く花を咲かせる猫柳が、春の訪れを感じさせる。

クリックで拡大します

故人様の人生やお人柄が伝わるオーダーメイドの「100人いれば100通りのお葬式」

フジテレビの情報番組『ノンストップ!』(2016年8月30日放送)で、「オーダーメイド葬儀」として、私たちのご葬儀が紹介されました。

オーダーメイド葬儀とは、お別れを通じて故人様のお人柄や人生が伝わる、「その方らしい」お葬式です。

ご家族様は、故人様のイメージに合わせたお花の祭壇を選ばれたり、カメラなど趣味のお品を展示されたりして、故人様への想いをかたちにされます。

番組で紹介されたご葬儀のテーマは「お茶会」。茶道の師範だったおばあ様は、多くの方にお茶の魅力を伝えてこられた方でした。

おばあ様の想いを受け継ぎ、お茶を習われたご家族様は、おばあ様らしいご葬儀にしたいと、葬儀会場にお茶会の席を設けることに決められました。

ご僧侶による読経の後、式場は赤い傘や敷物が置かれ、早春の野点をイメージした空間に。花開こうとするつぼみをつけた桜を背に、お孫様がお茶で参列された皆様をもてなされました。