家族葬・自宅葬などの最新事情を紹介

首都圏のお葬式の最新事情を紹介するNHKの番組にて、近年のニーズに合わせた自宅葬の実情など、アーバンフューネスの取り組みをご紹介いただきました。

2月4日(月)15:15~15:40に再放送予定

番組概要

お葬式をどこでどう行うのか。多死社会の中、意識が変化している。去年オープンした斎場は参列者15人ほどの家族葬専門。こうした超小型斎場が増加。式場と火葬場が隣接し葬儀が計2時間で可能な斎場や、価格が安い公営斎場は申し込みが殺到する。亡骸を預かる安置室を多数用意し遺族が面会に通う斎場もできている。
一方で、自宅で葬儀を行う人が都市部でも増えている。どんなお葬式をのぞむ人が増えているのか。大規模なアンケートとともに、最新のお葬式の実態を見つめていく。
(NHK公式サイトより抜粋)

リンク