アーバンフューネスの社員を密着取材していただきました

クリックで拡大します

葬儀をプロデュース・変貌する日本のお葬式

日本の死亡者数は2003年に100万人を突破、それ以降増え続けて昨年は前年比5.4%増の108万人余りとなった。
そうした中で市場規模の拡大が予想されているのが葬儀業界。新規参入も相次ぎ、これまでの葬儀の常識にとらわれない新たな ビジネスモデルを提供するところも登場している。
人生で誰もが一度は関わる葬儀。そんな葬儀ビジネスの新しい動きに 注目する。
(公式ホームページより抜粋)

番組内容

現場一筋で生きた建設会社社長を、社員がヘルメットと作業着でお送りした出棺式。合唱団のお仲間が、生前録音された故人の声とともに歌った「ラストコンサート」―。“感動葬儀をプロデュースする人々”として、アーバンフューネスの社員を密着取材していただきました。

リンク