第5次支援部隊として仙台に派遣したアーバンフューネス社員の報告

4月1日現在

8:00 清月記本社にて菅原社長にご挨拶
⇒仙台の現状についてお話くださいました。

  • 6800体のご遺体を収容済み。対して棺は6500本が確保されている。
  • 仙台市の火葬場は火葬炉が20個。ただしガスが止まり、火葬場が停止。軽油で稼動できる炉は12個ほどあったが、軽油稼動の経験が職員にないため、混乱があった模様。備蓄していた軽油で対応して100体ほどを火葬。
  • 上記経緯があり、現状の仙台火葬場は、約2週間待ち。
  • そのため、土葬許可がおりる。しかし、「故人が可哀想」との理由から火葬を望む市民が多い。

8:00 清月記本社にて朝礼に参加
⇒当社を含めて北九州、長野、弘前から計4社のボランティアが参加、紹介いただく

土葬の現状について
  • 県庁から宮城県の葬祭業組合に土葬対応の依頼があったが、組合は断る。
  • その後、清月記様の社長、取締役が現地視察、対応可能と判断し、県庁と相談(費用など)。
  • 県庁は一旦引取り、その晩に知事から直接清月記社長様へTEL。
  • 「防衛省が土葬対応にOKを出したため、当面は民間の手を借りなくてすみそう」との事。
  • ただし状況は流動的なため、どうなるかは分らない。

その他、清月記様の昨晩からの業務報告など。

8:30 1階作業場にて、洗車など。出動に備えてから、ドライアイス巻きサポート

11:00 搬送依頼

牡鹿体育館(安置所)から清月記様の泉会館へ安置

清月記本社を11:00に出発。
途中までは順調に進むが、随所で通行止めがあり、約80kmの道程を3.5時間かけて、14:30体育館に到着。
ご遺体の状態は思った以上に保たれている。納棺済み。
お客様1名同乗し、泉会館へ移動。道路混雑などにより、約3時間かけて到着
18時頃、清月記宮城野会館へ帰社。

18:00 業務終了