週刊文春(3月9日号)

クリックで拡大します

『週刊文春』(3月9日号)に、「100人いれば100通りのお葬式」をお手伝いする葬儀社として、アーバンフューネスが紹介されました。

近年増えているお見送りのかたちとして、直葬と呼ばれるご葬儀があります。直葬とは、お通夜や告別式を行わず、火葬だけを行うお別れです。

週刊文春の特集『直葬という選択』では、直葬の現状や課題を紹介。直葬を行ったご家族様や、葬儀社の声も取り上げています。

アーバンフューネスは、ご葬儀をお手伝いするエンディングプランナーが、ご家族様や生前のご本人からお考えを伺い、ご葬儀でかたちにします。「100人いれば100通りのお葬式」と呼ばれるのは、ご葬儀を通じて故人様のお人柄や人生をお伝えするからです。

特集では、エンディングプランナーがお手伝いしたご葬儀のひとつとして、故人様が入院中に会いたがっていた愛犬と、お別れの時間をご用意した直葬が紹介されました。