週刊東洋経済(2015年8月8-15日合併号)

クリックで拡大します

『週刊東洋経済』(2015年8月8-15日合併号)の特集「お寺とお墓の大問題」に、アーバンフューネスの家族葬が掲載されました。

特集では、「費用だけが基準ではない 納得できる家族葬とは」をテーマに、家族葬の現状を解説。「故人の人となりを思わせる空間と時間を演出する葬儀」をお手伝いする葬儀社として、弊社が紹介されています。

これまで弊社がお手伝いした家族葬として、お孫様の音楽コンクールを楽しみにされていた故人様のために、お孫様がチェロを演奏した「音楽葬」や、茶道の師範だった故人様を偲ぶことができるよう、お茶会で使われる野点傘を式場内に配置したお葬式が取り上げられています。

このほか、エンディングプランナー・本多亮之が、家族葬のお打ち合わせの席で最も重視することとして、「故人様がご家族様と普段どう過ごされていたか伺うこと」を挙げ、「残されたご家族様が、故人様の生き方を共有できるご葬儀になるよう努めています」と、心構えを語っています。