「遺志を反映し、思い出に残る葬儀を」

小学館発行「女性セブン」(2013年4月4日号)で、アーバンフューネスをご取材いただきました。

掲載された特集は「自分の送られ方、大事な人の送り方16景」。「遺族や故人の遺志を反映した思い出に残る葬儀を目指して、エンディングプランナーの育成に力を注いでいる葬儀社」として、代表・中川のコメントをご紹介いただきました。また私たちがお手伝いさせていただいたご葬儀エピソードが、「感動実話」として漫画で再現されています。

特集の最後に、フリーアナウンサー・梶原しげるさんが、ご自身のお母様のご葬儀について語られたインタビューも掲載。インターネットを通じて私たちと出会い、ご家族であたたかくお見送りされるまでの心の動きを、体験者の目線で語っておられます。