• ステージに登壇した4チームは、それぞれ20分という持ち時間の中で、精一杯プレゼンテーションを行いました。
  • 第1回大会から出場しているスギヤマ・コーポレーションが最優秀賞を獲得しました。
  • ベストプレゼンテーション賞は、アーバンフューネスコーポレーションの新卒1年目のチームに。
  • 大会の実行委員長を務めた弊社代表の中川が、参加チームの取り組みを総評いたしました。

クリックで拡大します

自ら掲げた高い目標を達成するために、異業種の企業とともに学び合い、成長するマネジメント・カンファレンス「ネクストワールド・サミット」(ネクサミ)の本大会が、11月25日に東京・銀座ブロッサムホールで開催されました。

高い評価を得た4チームがプレゼン

今年で4回目を迎えたネクサミには、葬祭業のほか、飲食業、不動産業、印刷事業、介護事業など、幅広い業種から全29チームがエントリー。それぞれの高い目標に向かって、4月から半年間にわたって活動しました。

本大会では、活動の内容や成果が高く評価された4チームがステージに登壇。来場者にプレゼンテーションを行いました。私たちアーバンフューネスコーポレーションから参加したチームも、ステージで発表する機会を頂きました。

ゼロから市場を開拓したチームが最優秀賞に

審査委員や来場者によって、プレゼンテーションの内容が審査された結果、冠婚葬祭業のスギヤマ・コーポレーションのチームが最優秀賞に選ばれました。

様々な理由から結婚式を行えなかった夫婦に、改めて結婚式を考えてもらいたい。

同社では、新たな市場を開拓するにあたって、全社員が1件成約するという決意を込め、目標の成約件数を社員718名と同じ718件に設定。目標を達成するために、同社で結婚式を挙げたカップルのインタビュー動画を作成し、全社員でプロモーションに取り組んだことが評価されました。

今回から新たに設けられたベストプレゼンテーション賞には、アーバンフューネスコーポレーションの新卒1年目だけで参加したチームが選ばれました。

より価値を感じていただける企業を目指して

この4年間で、多くの企業がネクサミという「場」を活かし、社長や社員が一丸となって、成果を生み出してきました。参加チームの目標は年々高いものとなり、比例するように高い成果を上げています。

「ネクサミという『場』が持つ可能性を強く感じました」

大会の実行委員長を務めた弊社代表の中川が総括したように、第5回大会はさらに多くの企業が参加し、お客様により価値を感じていただける企業となるよう、切磋琢磨していく場になると、私たちは確信しています。