• 「現場の人々ならではの経験や想いを伝えられる場にしたい」と中川
  • 昨年の授業風景
  • ホスピタリティビジネス論Ⅳ(ライフデザイン)講義概要

クリックで拡大します

現場のプロから学ぶ、臨場感あふれる講義に

アーバンフューネス代表・中川貴之が、2012年に引き続き、本年も明海大学の非常勤講師に着任。ホスピタリティ・ツーリズム学部にて「ホスピタリティビジネス論Ⅳ ライフデザイン」を担当させていただくこととなりました。

サービス業界を目指す方々が学ぶ同学部でも、こちらの授業は特に、結婚式と葬儀という日本の儀礼文化を「セレモニー論」という観点から総合的に学んでいただく講義となります。ブライダル・葬儀の双方で経営に携わってきた中川の講義を軸に、エンディングプランナー、ウェディングプランナー、お花、衣装の担当者など、現場を知るプロフェッショナルも講義を担当。仕事の内容を詳細にわたって学んでいただける点が特徴です。

中川からのメッセージ

「おかげさまで本年は、昨年の倍となる約80名の方に受講していただくことになりました。先日の第1回講義の冒頭で『ご葬儀の仕事に興味がある』と答えた方が、昨年の0人から6人に増えていたことも非常にうれしく、励まされています。学生の皆様は、まだお葬式そのものに接したことがない方も多い世代。サービス業の中でもセレモニービジネスがどのような仕事かをしっかりお伝えし、儀礼文化を受け継ぐことの大切さをご理解いただければ幸いです。また大学3年生対象の講義のため、現場で働くプロによる臨場感あふれる講義が、少しでも将来の就職活動や社会に出た際の参考になることを願っております」