お客様へのインタビュー ご葬儀を終えたご家族にお聞きしました

池田 恭子様

斎場:
やすらぎ会館
会葬者人数:
30名
プラン:
家族葬
花祭壇:
サクラ

Interview Vol.2

母の想いが溢れる空間

葬儀を依頼した理由

押しつけがましくない対応に安心できた

病院から問い合わせたとき、「まずはお休みいただくご自宅までお連れするので、その後どの葬儀社にするかお考えください」と、私たちのことを一番に考えてくれる言葉に安心できました。

「母らしい」お葬式をしてくれる

息子がインターネットで探してくれました。お葬式の金額やお布施代が明確だったこともありますが、何より家族の想いをかたちにして、母らしいお葬式をしてくれると思ったからです。

依頼して良かったこと

母を偲ぶお茶を点てることができた

90歳まで茶道の魅力を伝えてきた母に代わって、お茶で弔問に訪れていただいた皆様をおもてなしすることができました。ご会葬者の方にも母を偲んでお茶を点てていただけて嬉しかったです。

落ち着いてお葬式のことを考えられた

気が動転し、看病の疲れを感じるときもありましたが、プランナーの堀家さんが親身になって話を聞いてくれたので、落ち着いてお葬式について考えることができました。

執り行ったご葬儀の詳細

90歳まで伝え続けた
茶道の世界

―お母様と茶道の出会いは?

母は華道・俳句と一通りの習い事をしていたのですが、20代である方との出会いから茶道一筋に。 「美しい所作、礼儀、日本の文化を知ることができる」と。茶道の魅力を身をもって知っているからこそ、初めて出会った人にも「とりあえず茶道やってみなさい」と言う母でした。

―70年間も茶道家だったんですね。

はい。それから90歳で亡くなる2か月前までお稽古をし、たくさんのお弟子さんにお茶の世界を伝えていました。母に会うことが楽しくて、通われるお弟子さんもいました。茶道家としてだけではなく、人としての魅力を持っていました。

愛犬

母がリビングの椅子に座ると、母の膝の上を3匹で取り合いしていたのが昨日のことのように思い出せます。

茶道

「こんなお葬式なら、
もう一度したいね。」

―お葬式ではお茶を点てられたそうですね。

プランナーの堀家さんが「茶道の魅力を伝えられてきた方ですから、華やかすぎない祭壇がよろしいですよ。ご葬儀では皆様にお茶を点てていただくのはいかがでしょうか」とおっしゃって驚きました。そこまで私たちの事を考えてくれてたんですね。

―お母様も喜んでいたでしょうね。

はい。嬉しかったのは、従弟や会葬の方がお茶を点てたいと言ってくれたことです。 きっと母だったら「いいからあなた、ちょっと座りなさい!」と言っていたはず。このお葬式を通してより一層母を近くに感じました。不思議なんですが「こんなお葬式なら、もう一度したいね」と家族で話していました。

ご葬儀の様子

ご葬儀の様子

孫と同じくらいにかわいがっていたワンちゃんたちからも、供花を送ってもらいました。

アーバンフューネス編集・ライター担当小澤顕治

アーバンフューネス
編集・ライター担当
小澤顕治

エピソードとお写真は、ご葬家様のご許可をいただいて掲載しております。

NHKで紹介された葬儀

葬儀のお問い合わせはこちら

ご逝去の方、ご危篤の方

ご逝去の方、ご危篤の方

  • お急ぎの方ご心配な方
  • 緊急のご相談専用電話0120-72-2195
  • 10:42現在私たちがご相談を承ります。

    小玉泰之
    小玉泰之
    大澤雅臣
    大澤雅臣
    南雲康子
    南雲康子
    畑山花朱美
    畑山花朱美
    鳥本拓
    鳥本拓
    松川太地
    松川太地