インタビュー ご葬儀を終えたご家族にお聞きしました

桑名 直美様

斎場:
西葛西セレモニーホール
会葬者人数:
39名
プラン:
家族葬
花祭壇:
バラ

Interview Vol.1

母と約束したお花見

葬儀を依頼した理由

総額費用が明確でプラン内容も分かりやすかった

インターネットで何社か資料を取り寄せてみましたが、お葬式の総額費用を書いていたのはアーバンフューネスさんだけでした。プランの内容もわかりやすかったので、納得してお願いできました。

深夜でも丁寧に素早く対応してくれた

突然のことで夜中に電話してしまったんですが、お葬式まで何をすればいいのか丁寧に説明してくれました。病院から自宅まで父を連れて行く車もすぐに用意してもらえて、安心して任せられました。

依頼して良かったこと

母が望んだかたちで見送ることができた

「宴会のようなお葬式」を望んだ母のため、告別式はにぎやかで明るい食事会にしました。親族からは「節子さんらしくて、喜ぶと思う」と言ってもらえて嬉しかったですね。

最期に感謝の想いを伝えられた

担当プランナーの村重さんの気遣いのおかげで、母にしてあげたいことができました。母との別れは悲しいけれど、最期に「今までありがとう」と想いを伝えることができました。

執り行ったご葬儀の詳細

お祭りや宴会、お花見と
にぎやかなことが好きな母。

―お母様はどのような方でしたか?

浅草生まれの母は、お祭りや宴会が大好き。母の周りにはいつの間にか自然と人が集まり、いつもにぎやかでした。毎年の小松川千本桜のお花見では、家族や友人と河川敷でバーベキューをするのが恒例でした。

―お料理もお好きだったそうですね。

はい。親族が集まる特別な日に作る料理がワンタンでした。スープは1日かけて鶏ガラから取り、しかも行きつけのお肉屋さんの鶏ガラしか使わないこだわりで。あのちょっとニラが多目のワンタンが母の味ですね。

雷門

大勢で盛り上がることが好きだった母は、お花見やバーベキューに私や息子の友達も誘うこともありました。

お花見

写真が思い出させてくれた
本当の母の姿。

―おじい様のご葬儀では後悔が残ったとお伺いしましたが、お母様のご葬儀はいかがでしたか?

旅立つまでの5年間、胃へ直接栄養を送る胃ろうの手術後は、寝たきりでご飯を食べられませんでした。その寝たきりの姿の思い出が強かったのですが、パネルにする写真を選んでいる時、「ああ、これが本当の母の姿だな」と、母と過ごした60数年間を思い出す事ができました。

―どの写真もご家族やご友人に囲まれて笑顔ですね。

葬儀の時、会葬に来てくれた方々がパネルを指差しながら、「あの時は、こうだったよね」と、母と過ごした時間を笑顔で語りあっている様子に、母も喜んでくれたと思います。

インタビューの様子

思い出コーナー

家族みんなで母の写真を選んでいたので、思い出話が尽きることがありませんでした。

「元気になったら、
一緒にお酒を飲もう」

―担当プランナーの村重の対応はいかがでしたか?

村重さんと葬儀の打ち合わせの時に、お花見の話をしたのですが、その話を覚えていてくれて桜の枝を用意してくれました。 「元気になったら一緒にお酒を飲もう」と約束していた息子と、最後にお花見でお酒を飲むことができて、母も嬉しかったと思います。村重さんに本当に感謝しています。

―集まったご親族とワンタンを召し上がったそうですね。

お葬式の後、母のレシピを思い出しながらワンタンを作り、お骨壺の横にお供えしました。母のような味にはならなかったかもしれないけど、母も笑顔で食べてくれたと思います。

ご葬儀の様子

桜の枝を日本酒にひたし、柩に眠る母の口許をうるおしました。

献酒

小澤顕治

アーバンフューネス
編集・ライター担当
小澤顕治

エピソードとお写真は、ご葬家様のご許可をいただいて掲載しております。

NHKで紹介された葬儀

葬儀のお問い合わせはこちら

ご逝去の方、ご危篤の方

ご逝去の方、ご危篤の方

  • お急ぎの方ご心配な方
  • 緊急のご相談専用電話0120-72-2195
  • 03:46現在私たちがご相談を承ります。

    有坂立朗
    有坂立朗
    前川修平
    前川修平
    植竹祐公
    植竹祐公
    村重匡聡
    村重匡聡
    古堅厚太
    古堅厚太
    清水寿史
    清水寿史