火葬式

思い出と花に包まれて

参列者数
通夜なし 告別式:12名 火葬式
斎場
大田区 臨海斎場
宗教
無宗教

「葬儀はやらなくていい」というのが、母の遺言でした。親戚の中には、普通にお葬式をしたほうがいい、と言う方もいましたが、話し合いの結果、母の遺言どおりにすることにしました。

火葬式

火葬式

シンプルだけど、
心のこもったお葬式でした

特に儀式はせずに、お花と母の愛用品を棺へ納めるお別れの方法を選びました。最初は5、6人の家族だけで火葬場に集まるつもりでしたが、孫たちや親せきからも「立ち合いたい」と声があがり、最終的には12人に。するとエンディングプランナーの小野﨑さんが「皆様でしっかり見送っていただきたいので」と個室のある火葬場をすすめてくれました。シンプルな式だったので、愛用品をたくさん用意し、お花は明るい母らしくカラフルな色を用意してもらいました。

火葬式の様子

みんなで感謝を伝えられる
場所に

形式にこだわらない母だったので、自分自身の最後も、形式にとらわれず、堅苦しくないお葬式を希望していました。でも、子どもや孫たちが何人も集まり、遺影がわりにたくさんの写真を用意したり、手紙を手向けたりしながら、最後にみんなで感謝を伝えることができて、本当に良かったです。儀式をしない火葬式は初めての経験でしたが、身内だけのシンプルなお別れは、母らしいお葬式だったと思います。

担当エンディングプランナー

皆様の手であたたかいお別れを
担当エンディングプランナー 小野崎敦

「派手な葬儀はしなくていい」というお母様の遺言。 ご家族は、遺言どおり派手なご葬儀はしませんでしたが、お棺の中には、たくさんの思い出の品とお花が納められ、あたたかいお別れとなりました。お孫さんたちの言葉から、皆様に愛されたおばあさまだということが、ひしひしと伝わってきました。

内容とお写真は、ご家族・会社様のご了承を得て掲載させていただいております。

NHKで紹介された葬儀

葬儀のお問い合わせはこちら

ご逝去の方、ご危篤の方

ご逝去の方、ご危篤の方

  • お急ぎの方ご心配な方
  • 緊急のご相談専用電話0120-72-2195
  • 07:18現在私たちがご相談を承ります。

    鳥本拓
    鳥本拓
    井上大也
    井上大也
    三上祐司
    三上祐司
    古家崇規
    古家崇規
    村重匡聡
    村重匡聡
    副島達矢
    副島達矢