これまで私たちがお手伝いしたご葬儀では、故人様がお休みなるお柩の周りに集まり、最期の集合写真を撮られたご家族様がいらっしゃいました。

最近では、故人様のお顔をスマートフォンで撮影して、時折見返しては偲ばれる方、会葬された方のお顔をポラロイドカメラで撮影し、故人様へのメッセージを書いていただく方など、様々なお考えを持たれるようになってきました。

ご葬儀でご家族様が撮影されること自体は非常識ではなくなってきています。特に、お身内だけでお別れをする家族葬では、その傾向はより顕著です。

しかし、ご葬儀に参列される方の中には、しきたりを重視して、撮影することに否定的なお考えをお持ちの方がいらっしゃる場合もあります。事前に皆様とお話し合いをされたうえで、撮影するかどうかを決められたほうが良いでしょう。