本来は、香典をいただいた皆様に、四十九日の法要を終え、故人様を無事に送ることがでましたという挨拶をする際にお渡しします。

神道では五十日祭、キリスト教では1カ月後の記念日や追悼ミサを目安にお渡しすることが多いようです。

最近では、香典をいただいたその場で香典返しをお渡しする「当日返し」をされる方も珍しくはなくなりました。