宗派や地域にもよりますが、ご自宅にご安置された場合は、斎場へ出発する際に割られる方が多いです。また、ご安置施設をご利用された場合は、ご葬儀が終わった翌朝に割られる方が多いです。当日の夜に割ると、ご近所の皆様が音に驚かれるからです。

茶碗を割る風習は、「故人の魂が家に帰りたくならないように」「成仏してほしい」という想いが込められています。