「もしも」の時の前であれば、いつでもかまいません。ただし、「もしも」の時までの時間が短ければ短いほど、ご相談後にお考えいただく十分な時間が取れない場合があります。思い立たれたときに、申し込まれることをお勧めします。